レアなマッハ登場!CafeRacerから生まれたウイングとカラーリングに圧倒!

ドゥカティから「新型Scrambler Mach 2.0」が発売。

2017年6月15日、南フランスのビアリッツで開催された、カスタムバイクの祭典「Wheels and Waves(ホイール・アンド・ウェーブス)」で発表されたモデルです。

情熱!レースに勝つために開発されたデスモドロミック!

複雑な水冷4バルブDOHCのエンジンにも採用されています。(写真:1098Rのエンジン)

Mach2.0のエンジンは、空冷2バルブL型の2気筒デスモドロミック。デスモドロミック機構によって、吸排気バルブの開閉を強制的に制御することができ、バルブを正確に駆動させることが可能です。これによって、カムの形状を大きく変更できるという利点があります。

グランプリのマシン用に開発されたエンジンは、125㏄のデスモドロミック・エンジンで、トリプル・カムシャフト方式でした。1956年のスウェーデンGPでは、圧倒的なパワーで勝利しています。

快適な走行を約束!1960年代からの歴史とともにある存在感

1960年の「Mach1 250」には、当時「Scrambler 250」と同じエンジンが搭載されていました。

サスペンションは、フロントにKYB製41mm径倒立フォーク、リアにKYB製プリロード・リバウンドアジャスタブルショック、アルミニウム製両持ち式スイングアームを採用。

ABS標準装備のブレーキは、フロントに330mm径ディスク、4ピストンラジアルマウントキャリパー、リアに245mm径ディスク、1ピストンフローティングキャリパーを搭載しています。

アパレルコレクションから誕生の外観に夢中!

Mach 2.0(マッハ2.0)は、ローランド・サンズとのコラボレーションにより実現し、Bell Cross Idolのヘルメットから着想されたデザイン。

ローポジションのアルミニウム製のバリアブルハンドルバーを備え、フラット・トラック・プロ専用のシート、カフェレーサーから生まれたつや消し加工のウイング仕様です。ボディのカラーリングは、1970年代の西海岸の雰囲気を感じるような外観になっています。

「Mach2.0」のスペック

エンジン:空冷2バルブL型2気筒デスモドロミック

全長×全幅×全高:2,100mm×845mm×1,150mm

軸間距離:1,445mm

シート高:790mm

排気量:803cc

最高出力:73ps / 8,250rpm

最大トルク:6.8kgm / 5,750rpm

圧縮比:11:1

ボア×ストローク:88×66mm

燃料タンク容量:13.5L

車両重量:186kg

価格:128万6,000円

参考-ドゥカティ(ジャパン)
smile

smile

楽しいとおもえる時間や空間が好き。趣味はバイクで自由気ままに走ること。車・映画・音楽・ファッション。色んな視点から走る楽しさを伝えていきたい。