ヤマハ「SR400」の2016年新カラーは斬新なグラッフィックのタンクが魅力!

ヤマハ発動機は、1978年の登場以来ロングセラーモデルとして人気を博している「SR400」の新色を2016年2月10日より発売すると発表した。

タンクのグラフィックを大胆にチェンジ

新色は”ビンテージ・アクティブ・カジュアル”をコンセプトとした「ダークグレーイッシュリーフグリーンメタリック1」だ。生まれ年である”1978″をと”400″という文字をあしらった斬新なグラフィックを、ガソリンタンクに施している点が最大の特徴となっている。なお、定番カラーの「ヤマハブラック」も継続販売だ。

SR400のスペック

全長 / 全幅 / 全高(mm):2,085 / 750 / 1,110

シート高:790mm

軸間距離:1,410mm

最低地上高:140mm

車両重量:174kg

原動機種類:空冷4ストローク・SOHC2バルブ 単気筒

総排気量:399cc

最高出力:19kW(26PS)/ 6,500r/min

最大トルク:29N・m(2.9kgf・m)/ 5,500r/min

始動方式:キック式

燃料タンク容量:12L

燃料供給方式:フューエルインジェクション

カラー:ダークグレーイッシュリーフグリーンメタリック 1(新色/リーフグリーン)、ヤマハブラック(ブラック)

価格:55万800 円(税込)

発売日:2016 年2 月 10 日

参考 – ヤマハ発動機:SR400

K.Y

K.Y

スーパーカーやバイクなどの乗り物と音楽と洋服が好きなガテン系中年ライター。どんなものでも中身はハイテク外見はローテクが理想のカタチである。