【東京モーターショー2017】サニトラやハコスカのソレックスオーナー必見!そのままインジェクション化だ!!

東京モーターショー2017のミクニブースはご確認されましたでしょうか?

大人気TMRキャブレターが展示されているのはもちろんですが、それと共に70年代に大ブームとなったミクニ製ソレックスキャブも置いてあったのです。

ミクニ「ソレックスキャブレター」&「TMRキャブレター」

「今時、何故ソレックスのN50 PHHを展示?」という疑問を抱く人もいらっしゃるのでは?「もしかして、新しくφ50を作るの?」……なんてワケありません。

ソレックスを長年愛用されている方も多いでしょうが、既に世の中はインジェクション戦国時代。そこでミクニさんは考えた!今付けているソレックスのキャブを外し、マニホールドはそのまま使ってインジェクションが付くようにしてしまったのです!

もちろん参考出品のプロトタイプなのですが、これはこれでカッコイイ!キャブに不安を抱えている車両もインジェクション化でスッキリ解決出来ちゃうことでしょう!

各種センサーも今の車ほど必要なワケでもないので、インジェクション化という流れも一つの方向性となって行くかもですね。

村瀬選手の立ち看板と可愛いポケバイも展示されているぞ!

ちなみにこちらがミクニブース外環。バイクも展示されていました。村瀬選手の立ち看板が迎えてくれます!

手前のポケバイが可愛いのですが、おそらく今回の東京モーターショー2017で展示されていた車両の中で唯一の2ストローク車両だったかと思います。この辺りはコダワリでしょう。

参考-MIKUNI
NANDY小菅

NANDY小菅

各種バイク誌で活躍しているフリーライター。バイクとアニメの探究者で著書に「アニメバイク本」、「ご奉仕大好き! メイド本」など。所有バイクは15台くらい。