トライアンフ「タイガーエクスプローラー」は4車種が日本上陸!

トライアンフは、アドベンチャークラスの最高峰モデルであり、フルモデルチェンジされた「タイガーエクスプローラー」を大阪と東京のモーターサイクルショーに展示をすると発表しました。

日本に導入されるのは4車種

新型「タイガーエクスプローラー」は5つのニューモデルで構成されていますが、日本への導入は「 XR」、「XRX(low seat仕様)」、「XCX」、「XCA」の4車種となる予定で、2016年5月中旬から発売開始をする予定となっています。

また、3月19日~21日の期間、インテックス大阪で開催された大阪モーターサイクルショーと 、3月25日~27日に東京ビッグサイトで開催される(現在開催中)東京モーターサイクルショーの両イベントで、日本初の展示会を行なうとのことです。

アドベンチャーカテゴリではユニークな3気筒エンジン

搭載されるエンジンは、アドベンチャーカテゴリでは珍しい12バルブ、1,215cc、並列3気筒です。9,300rpmで138PSものトルクを供給しています。ミッションは6速ギアで、ファイナルシャフトドライブを装備。また、新型のエグゾーストシステムを採用し、排出ガス規制Euro4に適合しつつ、先代モデルと比較して5%の燃費向上を実現しています。

TSAS搭載でオンロードとオフロードを選択可


シャーシも新設計され、フロントには305mmのダブルフローティングディスクにブレンボ製モノブロック4ピストンラジアルキャリパーを、リアには282mmのシングルディスク2ピストンブレーキを装備しています。

「XRX」、「XRT」、「XCX」、「XCA」モデルには、TSAS(トライアンフ・電子制御・セミアクティブ・サスペンションシステム)を搭載。「オンロード」と「オフロード」が選択でき、フロントとリアのダンピングセッティングを9段階で「コンフォート」から「スポーツ」までを選ぶことができます。

Explorerシリーズ

XR

XRX(low seat仕様)

XCX

XCA

参考 –  トライアンフ モーターサイクルズ ジャパン

K.Y

K.Y

スーパーカーやバイクなどの乗り物と音楽と洋服が好きなガテン系中年ライター。どんなものでも中身はハイテク外見はローテクが理想のカタチである。