トライアンフ新型「タイガーエクスプローラー」の足着性どうなの?【東京モーターサイクルショー2016】

ご存じイギリスの老舗メーカー、トライアンフ。19世紀からオートバイを作っている歴史あるメーカーだ。そんな伝統のメーカーがリリースする新型車が「東京モーターサイクルショー2016」に展示。ビンテージな味わい満点の「ボンネビルT120」や「ストリートツイン」、カフェレーサー「スラクストン R」、ストリートファイター「スピードトリプルS&R」などなど、どれも注目モデルばかり。マジで今年は豊作だ!

注目は日本初公開の「タイガーエクスプローラー」

th_1H3A9023

中でも、注目はやはり、日本初公開の「タイガーエクスプローラー(Tiger Explorer)」。1,215cc水冷トリプル(3気筒)エンジンを搭載した、アドベンチャーツアラーだ。では実際、実車がどうだったのか? ちょっとレビューを紹介してみよう。

やっぱりローシート仕様が注目!

th_1H3A9024b

最近人気が高く、激戦区となっているこのカテゴリに投入された新型「タイガーエクスプローラー」。大型の電動調整式ウインドスクリーンに、2灯式ヘッドライトを採用したフロントフェイスなど、スタイルはなかなか。トリプルエンジンを搭載するスチール製フレームの造形も、雰囲気満点だ。

こういったアドベンチャーツアラーで、筆者のような(胴長+短足+チビの三重苦)ジャパニーズガイが、どうしても気になる事がある。それは…足着き性だ。

日本に導入される「タイガーエクスプローラー」は、舗装路中心のセッティングが施された「XR」と「XRX」、ダート中心のセッティングが施された「XC」と「XCA」の4グレード。中でも、筆者的に気になるのはローシート仕様の「XRX」だ。ちょうどブースにあったが、一段高いお立ち台に上がっているため、またがれない。仕方ないので、とにかくシートをじっと見てみる…意外にイケるかも!シートの1番低い部分と地面との距離が思っていたほどない。

シート高は250ccのスポーツバイク並み

th_1H3A9034

実際、数値上で言えば「XRX」のシート高が785〜805mm。250ccのスポーツバイク並みだ。スタンダードの「XR」がシート高837〜857mmだから、その差は歴然。まぁ、ハンドル位置はやや遠めに見えるが、とにかく街中の信号などで足が着きさえすれば、立ちゴケという最悪の(カッコ悪い)事態は免れる。

最新テクノロジーで走れば快適・楽しい

th_1H3A9025b

走ってしまえば、きっと快適だし、トラクションコントロールやABS、セミ・アクティブ・サスペンションなどの最新装備が、ツーリングなどを安全で楽しくしてくれるはず。充実の走りと確実な足着き性。これらを両立している「タイガーエクスプローラーXRX」は、かなり良さそうだ。一度は乗ってみたい!

TIGER EXPLORER XRX LOW

タイプ:水冷DOHC並列3気筒 12バルブ

排気量:1,215cc

最高出力:139 PS (102 kW) / 9,300rpm

最大トルク:123 Nm / 6,200rpm

トランスミッション:6速

シート高:785〜805mm

全長×横幅×全高(ミラーを含まない): 2,230×830×1,400mm

乾燥重量:244Kg

燃料タンク容量:20L

価格:225万円(税込)

参考-トライアンフ モーターサイクルズ ジャパン

平塚直樹

平塚直樹

バイクやクルマ系雑誌の編集を経て、フリーライターに。最近は、チャリから宇宙ロケットのネタまで幅広く執筆中。愛車は隼。最新テクノロジーと映画、猫好き。