ビンテージなスタイルで街を軽快に走る!ペダル付き電動バイク「BOLT M-1」

その昔、自転車にエンジンを積んだペダル付きオートバイでモペットというのがあった。日本でも、1940年代にホンダなど様々なメーカーがモペットを発売し、爆発的な人気に。気軽に街中を乗り回せるシティコミューターの元祖だったのだが、現代版モペットと言えるのがコイツ。軽量でパワフル、スタイルもクールな電動バイク「BOLT M-1」だ。

bolt-m1-motorcycle-960x603

カフェレーサー風の無骨なスタイルがカッコイイこの電動バイクは、アメリカ・サンフランシスコのメーカー、BOLT MOTORBIKES社が製作したもの。

フロントにテレスコピック式、リヤにはダブルショック式サスペンションを採用。バーハンドルや丸形1灯ヘッドライト、ストレートでフラットなシートなど、装備は本格的なモーターサイクルと同様で、”電動バイク”にありがちな安っぽさは全くない。

Bolt_RightRearIso

パワーユニットはもちろんモーターで、極太なパイプフレーム下のペダル前方にマウント。スクエアな形状の燃料タンク風ユニットがバッテリーで、1.68kWhの大出力を持つリチウムイオンタイプを搭載する。

BoltBatteriesEjected

右ハンドルグリップに付いたアクセルをひねれば加速、戻せば回生ブレーキが効く方式。通常の走行では、フットペダルを漕ぐ必要はないが、漕いで走ることも可能。出先で電池切れしてスタックする心配もない。また、フロントホイールには、ディスクブレーキも装備している。

スマートな2モードを選択できる

boltmotor-8128

ビンテージなルックスの「BOLT M-1」だが、機能はなかなか最新だ。スポーツとエコノミーの2つの走行モードが選べるのだ。

スポーツモードでは、5,000W以上のパワーを発揮。最高速度40MPH(約64.37km/h)と、かなりのスピードを出せる。が、航続距離は30マイル(約48.28km)くらいなので、あまり遠くへは行けない。オフロードやクローズドな場所での使用におすすめだ。

boltmotor-8154

街中を毎日走り回るのであれば、エコノミーモードがおすすめ。パワー1,000W、最高速度20MPH (約32km/h)に落ちるが、満充電で30マイル(約80.46km)もの航続距離を実現。ちなみに、充電時間は最速で約1.5時間、きちんとフル充電する場合でも5時間でOKだ。

BoltApp-Navigation

キーの開閉は、メーターパネルにパスコードを入力して行うため防犯性も高いし、スマートフォンと連携した独自のナビゲーションアプリなども用意。最新テクノロジーを投入した、実用性の高さも魅力だ。

63kgの軽さも魅力

「BOLT M-1」は、これだけの装備を持ちながら、車両重量は140lbs(約63.5kg)と超軽量。ホイールベースは1,143mm、シート高は686mmで、車体はとてもコンパクトだ。しかも、17インチホイールの採用で、走破性も高い。

前述の通り、街中を気軽に走れるシティコミューターとして持ってこい。価格は5,000ドル(約60万円)、現在公式ホームページで予約受付中だ。

参考:BOLT M-1

平塚直樹

平塚直樹

バイクやクルマ系雑誌の編集を経て、フリーライターに。最近は、チャリから宇宙ロケットのネタまで幅広く執筆中。愛車は隼。最新テクノロジーと映画、猫好き。