国内発売日が決定!ヤマハ「TRICITY 155 ABS」は実用性が格段に高まった!

ヨーロッパ仕様のヤマハ「TRICITY155」は既にご紹介しておりますが、遂に国内向け販売が発表されました!

そこで今回は、この国内仕様の詳細をご紹介いたしましょう。

TRICITY155 ABS

今回国内販売が発表された「TRICITY155 ABS」は(今さらながらですが)前二輪の三輪コミューター。ヤマハは一般的なバイクのようにリーン(傾斜)して旋回する三輪以上の車両の総称としてLMW(Leaning Multi Wheel)を商標登録しており、積極的に推進しています。

車体周りの注目ポイントは、155ccエンジンと最適なマッチングを図った、新開発のフレームです。高速域でも十分な強度と剛性のバランスを確保しています。

加えて、構造とパターンを新開発した前後タイヤには、リヤに130mmのワイドタイヤを採用。ツインチューブ式のリアショックアブソーバーと相まって、良好な乗り心地に貢献しています。

注目は155cc BLUECOREエンジン

155ccとなったのですから、やはり特筆すべきはエンジンでしょう。コレは前回記事が秀逸でしたので(自画自賛)、その部分を微修正して再録しますと……、

搭載エンジンは総排気量155ccの“BLUE CORE”水冷単気筒エンジン。これは単なる排気量アップではありません。VVA(可変バルブシステム)を搭載、2バルブから4バルブに変更されており、全く素性が異なるのです。以下カッコ内が125ccモデルのエンジンです。

  • ボア×ストローク:58.0×58.7mm(52.4×57.9mm)
  • 圧縮比:10.5:1(10.9:1)
  • 最高出力:15PS / 8,000rpm(11PS / 9,000rpm)
  • 最大トルク:14N・m / 6,000rpm(10N・m / 5,500rpm)

最高出力が4PSも向上しているうえ、155ccとなることで高速道路も走れるワケですから、行動範囲が広がること間違いなし!

実用面も改良されている!

LEDヘッドランプを新たに採用。ロービーム3灯、ハイビーム2灯の構成で、LEDポジションランプと調和するフロントマスクデザインによって高級感を印象づけます。

スタイリッシュなシートは、座面が広くフィット感も良好。形状やクッション材にこだわることで、快適な居住性を実現しています。

125ccバージョンでは不満の声も聞かれた足元スペースは、155cc化に合わせて拡大。より実用的になっています!

実用面のさらなる充実!

オン・オフの状態が分り易いトグルレバー式のパーキングブレーキを新採用、停止時の利便性を向上しています。

このパーキングブレーキはリアブレーキとは別系統の専用ドラムブレーキとなっています。

シート下トランクの容量は約23.5リットル。XLサイズのフルフェイスヘルメットも収納できます。夜間でも手元が見やすいLED照明付き。とことん、ユーザビリティを高めていることが分かります。

インナーパネルの右側には、12V・DCジャック内蔵の小物入れを配置。充電や小物の出し入れに活躍することでしょう!

カラーラインアップは?

ここまで掲載していたマットブラックのほかに、

ホワイトメタリックと、

マットビビッドパープリッシュブルーメタリック、の計3色です。

発売日と価格は?

いよいよ発表された国内発売日は……2017年1月20日! 残念ながら年を越してしまいますね。

車両本体価格は、45万3,600円(税込)。「TRICITY125 ABS」の車両本体価格が39万9,600円ですから、利便性の向上を考慮すれば、十分に納得できるのではないでしょうか?

気になる方は、是非、ヤマハ販売店で実車をご確認くださいね!

TRICITY155 ABSのスペック

  • 全長×全幅×全高:1,980×750×1,210mm
  • ホイールベース:1,350mm
  • シート高:780mm
  • 車両重量:165kg
  • エンジン種類 / 弁方式:水冷4ストローク単気筒 / SOHC4バルブ
  • 総排気量:155cc
  • 内径×行程:58.0×58.7mm
  • 圧縮比:10.5
  • 最高出力:15PS/8,000rpm
  • 最大トルク:14Nm/6,000rpm

参考 – ヤマハ

Reggy

Reggy

オートバイ系雑誌・書籍編集をする傍ら、自転車輸入販売業として起業。得意ジャンルは自転車(子ども車・子ども乗せ・クロスバイク)・オートバイ・自動車・アウトドア。