限定モデル「エンデューロGP」はチタンマフラー標準装備!ヤマハのエンデューロモデルが魅力的!

モトクロッサーからファンバイクまで、ヤマハが”土系”の2018年モデルを続々とリリースしていますね。

新エンジン&新フレームの450に注目!ヤマハのモトクロッサー「YZ」シリーズの2018年モデルが発表!

http://forride.jp/motorcycle/yamaha-pw50-flagship-model

今回は、そんなヤマハが発表したヨーロッパ向け限定モデル「WR250&450 エンデューロGP」と、国内販売が開始されるエンデューロモデル4車種の2018年モデルをご紹介します。

ヤマハ「WR250&450 エンデューロGP」

ヤマハ「WR450F エンデューロGP」

最初にご紹介するのは、ヨーロッパ名「WR450F」をベースにした彼の地のみで限定販売される「WR450F エンデューロGP」。250ccも同仕様で発表されましたが、ここでは450ccモデルで説明して行きます。

ちなみに「WR450F エンデューロGP」は2018年モデルではなく、2017年モデル扱いとなります。

2016年に世界エンデューロ選手権で3位に入った”Outsiders Yamaha Official Enduro Team”のファクトリーマシンにインスパイアされた仕様とされ、更なるパフォーマンスの向上と洗練されたスタイルにより、唯一無二の存在感を獲得しています。

本モデル最大の特徴は、”Akrapovič”製のチタンマフラーが標準装備されていること!高出力化と軽量化を併せて実現しています。

実戦投入する方にとっての朗報は、同時にECUマッピングがマフラー変更に合わせて変更されているうえ、トラックサイドでのファインチューンを可能とする”Power Tuner”が提供されることでしょう。イグニッション&燃料マッピングの調整を容易にできることで、走行環境に応じて戦闘能力を高めるデバイスです。

“Acerbis”のTri-fitハンドガードも標準装備しているうえ……

(本気でない人にとってはコレが一番嬉しいかもですが……)”Outsiders Yamaha Official Enduro Team”のファクトリーマシンを模したグラフィックを採用。その完成度が極めて高く、アグレッシブでカッコいいのです。

特別仕様のグラフィックは、シュラウド、前後フェンダー、サイドパネル、フロントプレート、スイングアーム、フロントフォークに及びます。

ヨーロッパのみで限定販売されるスペシャルモデル「WR250F&450F エンデューロGP」。本気でエンデューロを戦う人にとってはもちろん、そうでない人にとっても魅力的な仕上がりですね!

国内向けエンデューロ4車種は2018年モデル!

「YZ450FX」2018年モデル

続いてご紹介するのは国内向けエンデューロ向けモデル4車種。4ストロークエンジンを搭載する「YZ450FX」を頂点として……

「YZ250FX」2018年モデル

同じく4ストロークエンジン搭載車の「YZ250FX」をラインアップ。

さらに……

「YZ250X」2018年モデル

2ストロークエンジン搭載の「YZ250X」と……

「YZ125X」2018年モデル

同じく2ストロークエンジン搭載の125ccモデル「YZ125X」をラインアップしています。

これら4車種は、前年モデルからの変更はカラー&グラフィックのみ。

カラーリング&グラフィックコンセプトは“The Cool Blue Racer”。ホイールなど、コンポーネントの一部へもブルーを配し、ヤマハレーシングマシンとしての存在感を強調。またロゴを大きくあしらいトレンド感を表現しています。

国内向けモデルの価格と発売日は……

いかがでしたでしょうか?今回は、ヨーロッパで発売される限定モデルを含めたヤマハのエンデューロ5車種をご紹介してみました。

「WR450F エンデューロGP」を除くすべてのモデルは、6月13日~12月10日までの期間限定予約、発売日は8月30日とされています。

そして気になる車両本体価格(消費税込み)は……

  • 「YZ450FX」:95万0,400円
  • 「YZ250FX」:81万円
  • 「YZ250X」:73万4,400円
  • 「YZ125X」:62万6,400円

です。期間限定の予約販売モデルですので、ご興味を持たれた方はお忘れなく!

参考-ヤマハヤマハ(UK)
Reggy

Reggy

オートバイ系雑誌・書籍編集をする傍ら、自転車輸入販売業として起業。得意ジャンルは自転車(子ども車・子ども乗せ・クロスバイク)・オートバイ・自動車・アウトドア。