カワサキ「Z1000 R Edition」2017年モデルはブレーキと足回りがキモ!

充実したサイズ展開の「MT」シリーズでハイパーネイキッド市場を牽引していたヤマハに対抗すべく、カワサキが「Z1000 R Edition」をリリースして追撃体制に入りました!

Z1000 R Edition

コレが2017年モデル(欧州向け)として発表された「Z 1000 R Edition」。そのベースとされたのは当サイトでも紹介した「Z1000 ABS」です。

注目すべき変更点は、ブレーキと足回りにありそうです! 続いて「Z1000 ABS」からの変更点を中心にディテールを見てみましょう。

Z1000 R Edition のディテール

最大の注目ポイントはコチラ。何とフロントブレーキにブレンボが奢られています! 310mmフローティングディスクにM50キャリパーという組合わせ。コレが必要な走りが出来る人からすれば、喉から手が出るほと欲しいパーツでしょう。

リアショックにはオーリンズの「S46DR1S」を採用! フロントフォークとリアのリンク比を本モデル用にセッティングすることで、より洗練されたハンドリングとされています。

カラーは、メタリック・スパーク・ブラック/メタリック・グラファイト・グレーの1色のみ。そこにアクセントとして、イエロー・グリーンのスペシャルグラフィックが施されています。

Z1000 R Editionのスペック

  • 全長 × 全幅 × 全高:2,045×790×1,055mm
  • ホイールベース:1,435mm
  • シート高:815mm
  • 車両重量:221Kg
  • エンジンタイプ:水冷4ストローク直列4気筒
  • 総排気量:1,043cc
  • 最高出力:104.5 kW(142 PS)/ 10,000 rpm
  • 最大トルク: 111N・m

日本への投入は?

冒頭にも記載しましたが、「Z1000 R Edition」は2017年モデル欧州仕様として発表されたもの。ライバルとなる「MT-10 SP」ともども、残念ながら今のことろ日本への導入は発表されておりません……。

日本での発売に期待したくなる魅力的なモデルですね!カワサキさん、是非お願いします!

参考 – Kawasaki Motors Europe N.V.
Reggy

Reggy

オートバイ系雑誌・書籍編集をする傍ら、自転車輸入販売業として起業。得意ジャンルは自転車(子ども車・子ども乗せ・クロスバイク)・オートバイ・自動車・アウトドア。