子供が運転できる!? トヨタ「Camatte(かまって)」でクルマの運転を疑似体験!

国内最大級となる玩具の展示会「東京おもちゃショー2018」が、6月7日(木)〜6月10日(日)に東京ビッグサイトで開催されました。

トヨタが提案する今年の注目すべき出展は、親子で楽しくクルマでの旅を疑似体験できる!「Camatte Journey」。

 

人にかまって、クルマにかまって!それが「Camatte」

2012年から毎年「Camatte」を東京おもちゃショーに出展。7回目となり、「クルマが持つ夢や楽しさを次世代へ、親子でもっとクルマを身近に」を目指しています。

歴代の出展テーマは子どもだけでなく、大人も楽しめる内容。

 

・2012年:「Camatte そら」

子どもが運転でき、ボディの色やスタイルを自由に変更できるクルマを初出展

・2013年:「Camatte 57s」

57枚の小型パネルが用意され、パズル感覚で組み立てることができるクルマを提案

 

 

2014年:「Camatte Lab」

クルマが動く仕組みを学び、自分の描いた絵がフードに映し出されるという体験ブース

 

2015年:「Camatte Vision&Camatte はじめ」

ARを使用し、自分で選んだ好みのクルマで街中を走る疑似体験ができる

 

・2016年:「Camatte Capsule」

自分の好きな空間をつくることができるトレーラー

 

・2017年:「Camatte ペッタ」

子どもが自分仕様にデコレーションしたクルマで、運転を体験できる

 

東京おもちゃショー2018 旅体験ゾーン「Camatte Journey」

旅体験ゾーンでは内側220度をスクリーンで囲み、ここに景色の映像が映し出されるというもの。この旅体験で運転に使用されたのは、2017年発表の「Camatte ペッタ」です。

車両のあちこちに旅先のステッカーがアレンジされ、車両の後方に旅行カバンが積まれた、まさに旅仕様のクルマ。

「Camatte Journey」では、タブレットを用いて子どもがアクセルやブレーキの位置を学習し、「Camatte ペッタ」で約7mの運転を体験します。桜並木や新緑、雪道などのいろんな景色を楽しんだ後は、直線の走行コースをバッグで運転して戻るというアクティブな体験ブースを提供。

残念ながら旅の疑似体験ができるのは身長130cm以上となり、体験ができない子どものために2013年に出展した「Camatte 57s スポーツ」を展示されていました。運転の体験はは味わえないものの、運転席に乗り込みクルマを運転する気分になれるというサービスつき。

 

毎年開催されているという、東京おもちゃショー。

トヨタが提案するCamatteに参加できなかった方は、来年度こそは参加してみてはいかがでしょうか。

きっと親子で楽しめるイベントになるはず!ですよ。

 

Camatte ペッタ(旅バージョン)詳細

全長×全幅×全高:3,075mm×1,235mm×1,315mm

ホイールベース:1,800mm

乗車定員:3人

パワートレーン:電動モーター

 

参考-トヨタ
smile

smile

楽しいとおもえる時間や空間が好き。趣味はバイクで自由気ままに走ること。車・映画・音楽・ファッション。色んな視点から走る楽しさを伝えていきたい。