スズキ・ジムニーがゲレンデに変身!メルセデスベンツ・Gクラス仕様のジムニーカスタムが話題!

登場から人気の絶えない新型JB64型ジムニーJB74型ジムニーシエラ。新型ジムニーをベースにしたカスタムパーツが次々登場し注目が集まるなか、リバティーウォークからジムニーをメルセデスベンツGクラスにそっくりにカスタムできるボディキットが登場して話題になっています。

 

ベビーGの愛称で呼ばれるベンツ・Gクラスそっくりのスズキ・ジムニー

スズキ・ジムニーは2018年7月のフルモデルチェンジをうけて軽規格660ccのJB64型ジムニーと1,300ccのJB74型ジムニーシエラが登場し、世界中から注目されるモデルになりました。

海外ではジムニーシエラのみが販売され、メルセデスベンツ・Gクラスに似ていることから「ベビーG」と呼ばれています。

 

カスタムカーの祭典「東京オートサロン2019」では、ジムニーのカスタム車両が数多く出品され、そのなかでも注目を集めたのは、ジムニーをされにGクラスの外観にカスタムされたリバティーウォーク(Liberty Walk)のカスタム車両でした。

 

リバティーウォークとは


リバティーウォークは愛知県に拠点をおくクルマのチューニングメーカーで、世界中のセレブが注目しているブランドです。

主にエアロパーツの販売を行っており、国産車から外車までさまざまな車種のボディキットパーツをラインナップし、コンプリート車両の販売もしています。

 

ジムニーとベンツGクラスが見た目全くの兄弟車

リバティーウォークから販売される新型ジムニー用のG・miniボディキットはJB64型ジムニーとJB74型ジムニーシエラで用意され、デザインはリバティーウォークから販売されるメルセデスベンツ・Gクラス用ボディキットを装着した「LB-WORKS G63」を彷彿とさせるスタイルへ仕上げています。

見比べてみれば、2台が兄弟車のようにそっくりな仕様になっています。

 

G・miniボディキットは全4タイプを設定

リバティーウォークから発売されたボディキットは、FRP製のフロントバンパー、フロントグリル、ワイドフェンダーがセットになった「lb★nation G mini WORKS Light Complete Body Kit」(297,000円)、これにリアウイングを追加した「lb★nation G mini WORKS Full Complete Body Kit」(351,000円)、フロントルーフスポイラー追加した「lb★nation G mini WORKS Premium Complete Body Kit」(556,200円)、さらにボンネットフードを追加した「lb★nation G mini WORKS Premium Complete Body Kit《Carbon Bonnet Hood ver.》」(631,800円)の全4タイプです。

 

フロントエンドにはリバティーウォークのオリジナルの”LBサークルロゴ”が採用され、LEDデイタイムランニングライトを備えるフロントバンパー、リアブレーキランプにはG63風にこだわったLEDランプをあしらっています。

オーバーフェンダーは改造変更が必要な保安基準範囲内の片側+8mmから9mm以内で設定され、Gクラスのような力強さを演出しています。

 

装着すれば和製Gクラスといえるほどのカッコよさ

メルセデスベンツ・G550を購入しようと思えば約2,000万円は用意しないとなりませんが、ジムニーとG・miniボディキットであれば200万円ちょっとで収まるため、価格は約10分の1ということになります。

それで和製Gクラスが手に入ると思えば、かなりお買得。

リバティーウォークのボディキットは、新型ジムニーの楽しみを広げてくれ、カスタムの醍醐味を味あわせてくれます。

 

参考-リバティーウォーク