世界初のスーパーSUV!ランボルギーニのニューモデル「ウルス」はSUVの皮を被ったモンスター!

ランボルギーニと言えば、誰しもが”スーパーカー”を思い出しますよね?

ところが……そんな常識を覆すような1台がランボルギーニから発表されたのです!

 

ランボルギーニ「ウルス」はスーパーSUV!

それがランボルギーニ「ウルス」です。長年スーパースポーツカーを生み出し続けた同社の魂と、SUV特有の機能性。それを併せ持つ世界初の”スーパー・スポーツ・ユーティリティー・ビークル”=スーパーSUV、「ウルス」です。

 

遠くからでもソレと分かるランボルギーニ特有のエンジンサウンド、そしてスポーツカーとSUVの統合は、ドライバーにエモーショナルで類のないドライブを提供します。その強い個性、デザイン性と究極のスポーツ性により、「ウルス」は特別な存在となります。

 

真のドライビング・エモーションと最適なドライビング・ダイナミクス用に考えられた新たな設定を提供するANIMAコントローラーにより、簡単な操作と安全性を獲得。デイリーユースにも対応する万能性を有しています。

 

エッジの効いた流線形のエクステリアはランボルギーニらしく個性的。エクステリア全てが、機能性を考慮してデザインされ、「Y」字型や六角形、センターピーク入りのフロントボンネットやリアドアの交差するラインなど、特徴的でアイコニックなディテールを有しています。

SUV市場の中で最も車高が低く、最も幅が広く、そのプロポーションは類のないものとされています。エンジンの位置が見えるパワードームや斜めに入れられたラインなどは「LM002」から受け継いだ要素に着想を得たほか、フレームレスドアはマルチェッロ・ガンディーニの象徴的なラインを連想させます。

 

スーパーSUVを自称するだけあり、最高出力478kW / 650HPのV8バイターボエンジンを搭載。SUV市場で最高のパワーウェイトレシオを実現しています。パフォーマンスのレベルは無敵です。

 

8速ギアチェンジオートマチックトランスミッションと、アクティブ・トルクベクトリング付きパーマネント4ホイール・ドライブシステムにより、いかなる状況でも高いパフォーマンスを発揮。街中でも、サーキット、雪山、田舎の砂利道、そして砂漠でもドライブを楽しむことができます。

トルクは、主にリアアクセルにかかり、一般的にスポーティーなドライブを重視したダイナミックな反応をします。

 

インテリアでは、イタリアの職人芸と最先端技術が融合しています。3台のTFTスクリーン(1台は計器パネル用、1台はインフォテインメント用、そして1台は手書き認識機能の付いた仮想キーボードを含むコンフォート機能用)といったドライバー重視装備のコンセプトにより、ドライブを快適に、喜び溢れるものにします。

 

ダッシュボードの構造は、ランボルギーニのアイコン的モデルの「Y」字型に着想を得ています。異なるカラーや天然レザー、Alcantara®、木材、アルミニウムやカーボンファイバーなど、各種マテリアルの選択によって、よりエレガントに、あるいはスポーティにカスタムできます。

 

SUVセグメントの中で最も完全なドライビング・ダイナミクス装置を標準装備として提供しています。

アクティブ・リアトルク・ベクタリング付きの4WDシステム、アクティブダンパー付きアダプティブ・エアサスペンション、ロール・スタビライジング・システムとカーボンセラミック製ブレーキ、最大23インチのホイールとミックス型タイヤなどを装備しています。

 

スーパーSUVはお値段もスーパーなのだ!

いかがでしたでしょうか?ランボルギーニでは、「ウルス」をスーパーSUVと自称していますが、それに恥じないパフォーマンスと美しさ、そして”スーパーカー”らしいユニークさを有していましたね。

ランボルギーニの将来を占う1台「ウルス」ですが、既に日本国内でも受注が開始されています。その車両本体価格(消費税込み)は……2,779万9,200円。お値段もスーパーでした……

 

参考-ランボルギーニ
Reggy

Reggy

オートバイ系雑誌・書籍編集をする傍ら、自転車輸入販売業として起業。得意ジャンルは自転車(子ども車・子ども乗せ・クロスバイク)・オートバイ・自動車・アウトドア。