軽トラで大戦争が勃発!スズキ&ダイハツの軽トラ向け安全装備が素晴らしい!

軽トラックを「農家のお爺ちゃん&お婆ちゃんの乗り物だろう……」と馬鹿にしていませんか?あの小さなサイズで驚異的な積載量を誇る軽トラックは、日本が世界に誇れる偉大なるガラパゴスカーだと思います。2018年、そんな軽トラックに静かな革命が起きています。

そこで今回は、スズキ&ダイハツの軽トラックをご紹介しちゃいましょう!

 

圧倒的な安全性と快適性を誇る「スーパーキャリイ」!

最初にご紹介するのは、スズキが発売を開始したニューモデル「スーパーキャリイ」。扱いやすいエンジン、広い荷台、頑丈な車体で好評を得ている同社の軽トラック「キャリイ」を”スーパー”にバージョンアップしたものです。広く使い勝手が良い居住スペースと、軽トラックで初めて”前後の誤発進抑制機能”を採用しているのが特徴です。

まずは、圧倒的に向上した室内空間の居住性からご紹介しましょう。ご覧のようにキャビンを後方に拡大して室内空間を広くとっています。

 

これによりシートリクライニング機構の採用やシートスライド量を増やし、ゆとりある運転姿勢を可能としています。

 

全車が頭上空間にゆとりのあるハイルーフ仕様とされており、それにより頭上に荷物を収納できるオーバーヘッドシェルフの装備が可能とされています。

また座席後方に荷物を置くスペースを確保するなど収納性を向上させながら、キャビン下に空間を設けることで……

 

「キャリイ」と同等の荷台フロア長を実現しているのも秀逸です。

 

「スーパーキャリイ」が”スーパー”である理由は、もう一つ。それは安全装備として、スズキの予防安全技術「スズキ セーフティ サポート」の誤発進抑制機能と後方誤発進抑制機能を軽トラックで初めて採用し、全車に標準装備した点にあります。ちなみに「キャリイ」にも誤発進抑制機能と後方誤発進抑制機能を標準装備(KX、特別仕様車KCスペシャル、農繁スペシャル)したほか、メーカーオプション設定車を増やしています。

“誤発進抑制機能”とは、車両の前方および後方に計4つの超音波センサーを装備。超音波センサーで障害物を検知し、衝突被害を軽減するもの。

どのように作動するかと言うと……“誤発進抑制機能”は前方に障害物があるのに前進のシフト位置で、“後方誤発進抑制機能”は後方に障害物があるのにR(後退)のシフト位置でアクセルペダルを大きく踏み込んだ際に警告音が鳴ります。さらに強く踏み込み続けると、最長約5秒間エンジン出力を自動的に抑制してくれます。これにより前後への急発進・急加速を抑えて、踏み間違いやシフトの入れ間違いによる衝突被害を軽減します。

 

ダイハツは、あの「スマアシ」を軽トラに最適化!

さて、軽トラックの王座をスズキと争うダイハツ。紹介の順番とは逆になりますが、実は先手を打っていたのはダイハツ。「ハイゼット トラック」の2018年モデルで、就農者の高齢化と、業務用途と日常用途との兼用が増加している点に着目して、衝突回避支援システム「スマートアシストⅢt(スリー ティー)」を新搭載したのです。

そもそも「ハイゼット トラック」は2014年のモデルチェンジで基本性能と快適性を向上させていましたから、これで万全の態勢を整えていました。

 

“スマアシⅢt”は、御覧のように、対車両(障害物)に加えて歩行者までを対象とした衝突回避支援システムです。世界最小サイズのステレオカメラを搭載。それを軽トラックの車両特性に合わせ、安全に減速し、衝突回避または被害軽減させるため、作動速度域を最適化します。

 

対車両・対歩行者の衝突警報機能・衝突回避支援ブレーキ機能をはじめ……

 

前後の誤発進抑制制御機能を備えています。さらに……

 

車線逸脱警報機能も搭載!おまけ的に、先行車発進お知らせ機能とオートハイビーム機能も有しているわけです。

安全装備という観点で言えば、どうやら今のところダイハツが先行しているようです。

 

高齢者ドライバーが多い軽トラにこそ安全を!

いかがでしたでしょうか?今回は、軽の王座を争うスズキVSダイハツの軽トラックにおける安全装備戦争をご紹介してみました。

ご存知のとおり、軽トラックの愛用者には、高齢者ドライバーが多い(はず)です。リッチなお父さんが転がす高級車ではなく、軽トラックにこそ安全装備が必要だったはず。そこに向き合ってくれたスズキ&ダイハツに心から拍手を送りたい筆者なのです。

 

参考-スズキダイハツ
Reggy

Reggy

オートバイ系雑誌・書籍編集をする傍ら、自転車輸入販売業として起業。得意ジャンルは自転車(子ども車・子ども乗せ・クロスバイク)・オートバイ・自動車・アウトドア。