fbpx

テスラ・コンバーチブル!? 待望のモデルをカスタムビルダーが実現

そういえば電気自動車でオープンカーってなかなか見ないですよね。瞬発力もあり、走行性もガソリン車を凌ぐとまで言われる電気自動車こそ、スポーティで楽しみ甲斐のあるコンバーチブルモデルが必要だと思うのですが……。

どうやらそう考えていたのは筆者だけではなかったようです。

 

Tesla Model S Convertible Coupe

今回ご紹介するのは、ARES DESIGNによってカスタムされたテスラ・モデルSのコンバーチブルクーペカスタムです。

元々シャープなデザインだったテスラがオープンカーになって違和感など湧きようもありませんよね。ばっちりキマっています。

 

ボディのラインはまるでポルシェとレクサスの合いの子です。ルーフが取り払われたことで、もともと低重心だったテスラがさらに低重心になっているので、晴れた休日にワインディングロードでドライブしたらとんでもなく気持ちよさそうですね。

 

オリジナルカスタムとアップグレード

さて、モデルSの原型を今一度振り返ってみましょう。今回のコンバーチブルカスタムと大きくかけ離れている点が2つほどあるのにお気づきでしょうか?

ルーフが取っ払われたのは明白ですが、なんと4ドアが2ドアになってしまっているのです。

 

ARES DESIGNの職人らは後部ドアとBピラーを撤廃し、ロングタイプのフロントドアを採用。ルーフ収納スペースを作るために新しくリアボンネットを設計しました。

 

革職人によってシートはアイスホワイトの革に張り替えられ、オレンジが差し色として随所に潜んでいます。

全く違和感なく仕上げられた4シーターのコンバーチブル・クーペ。このレベルの加工技術は尊敬どころか崇拝してしまいますね。ちなみにこちらのカスタムカーは個人的な依頼としてARES DESIGNに持ち込まれた案件でした。

 

ARES DESIGNとは一体何者?

圧倒的な加工技術力を見せつけたARES DESIGNは、車だけでなくバイクも手掛けるオーダーメイドカスタムショップ。物理的に不可能でない限り、顧客のどのようなオーダーに対しても全力で立ち向かう誇り高き職人集団です。

最先端のCAD設計、流体力学、電気系統から革のステッチングまであらゆるスキルを持ち合わせており、拠点こそイタリアにあれど世界中に顧客を抱えています。

 

自分の愛車をもっとこうしたい、自分だけの理想のカスタムがしたい、そんな要望をお持ちの方はARES DESIGNという名を覚えていて損はないでしょう。

ZANGE

海外で起きている様々な乗り物系ニュースを、日本の方にわかりやすく噛み砕いてお届けします。 好きな映画は「ダンケルク」「フューリー」「007シリーズ(ダニエル・クレイグ以降)」です。