メットにもつければ2倍安全!自転車用後付けブレーキランプが見た目も機能もイケてる

Raz Pro

日々の手軽な運動として、三密を避ける移動手段としてもっとも身近なモビリティといえる自転車。でも車道の端っこはもちろん、きちんと自転車レーンを走っている時でも、クルマやバイクとの速度差にヒヤッとするときも多いですよね。ドライバーやバイカーの側にとっても、挙動がわかりづらいサイクリストの動きはやっぱりちょっと怖いもの。

 

手信号で意思表示をする方法もありますが、ちょっと上級者向けだし……。だったらガジェットの力で解決しちゃいましょう!

 

つける車種を選ばず、高い輝度で存在感もバツグン

Raz Pro

Raz Proは自転車かヘルメットに後付けできるブレーキランプ。モーションセンサーを内蔵しているので、特に配線を必要とせずサイクリストのブレーキ操作と連動して点灯するようになっています。しかも自転車を動せば、ライトも起動。付け忘れることも、スイッチを探す手間もないってワケです。

 

Raz Pro

明るさも高輝度のハンディライト並み。60ルーメンの輝度で270度の角度を照らしてくれるので、最大1㎞先からも確認でき、夜間走行時も安心です!

 

もっともこの手のガジェットで心配になるのは電池切れ。Raz Proは少しでも稼働時間が長くなるようきちんと考えられています。天気や明るさに応じてライトのオンオフを自動で行いうだけでなく、停車時間が4分を超えるとライトが自動で消えるようになっているんです。1充電で80時間のサイクリングが楽しめるというのもありがたいところ。

 

Raz Pro

設置だってとてもカンタン。ベースとなる土台を結束バンドや強化ゴムでくくりつけるだけ。ポールやシートフレーム、ヘルメットの後端など、いろいろな場所につけられるので、適合する自転車やヘルメットを別途探す必要はありません。

設計に3年かけたというだけあって、IP68という規格の高い防水防塵性能を満たしており、耐久性も十分。急な雨や突風でも慌てずにすみます。 盗難が心配になりますが、つけっぱなしでも問題ないレベルかも。

 

Raz Pro

さらに専用のスマートフォンアプリも用意。活用すれば、ライトのカラーや点滅パターンを選択可能です。

 

同じ点灯パターンで集団サイクリングも便利に

Raz Pro

Raz Proにはグループライドにも役立つ機能が満載です。一緒にサイクリングする仲間同士で自動的にライトのパターンを合わせてくれるので、より一層周囲に存在をアピール可能。専用アプリで、モード設定を合わせるだけなので、タップひとつですぐに出発できます。

 

ソロでもマスでも役立つRaz Proは税込み8,250円で先行販売予約受付中。2個セットなので、自転車とヘルメット両方につけてもよし、パートナーと分け合ってもよしと使い勝手も考えられたパッケージだ。

gloture

公式サイト

石川 順一

石川 順一

理学の博士号をとったものの、趣味が高じてライター稼業に流れてきた変人。やっぱりクルマとバイクにはロマンがあるよね。