知ってた?乾燥機にかけられないシュラフの乾かし方

バイクといえばツーリング、ツーリングと言えばキャンプ。そしてお泊りキャンプでと必須アイテムであるシュラフですが、何年も使いっぱなしのそのまんまにしちゃっているってことはないですよね?寝ているときには汗もかくし、どこからか不思議な虫も侵入しているかも知れません。

 

洗うタイミングを見極めよう!

キャンプをよくする人に聞いたら3050泊くらいしたら洗うと言う意見も聞きますが、オイニーがプンプンしてきたり、なんかカサが減ってフワフワしなくなったときが洗い時だと思います。筆者はダニに食われたらその時点でシュラフを洗うようにしています。

 

コインランドリーにGO

ご自宅に大きな洗濯機とか乾燥機がなければ、やっぱりコインランドリーが便利ですよね。タンブラーはなかなか自宅にある人も少ないと思うので事前に家の周りのコインランドリー所在地をリサーチ!

 

洗濯機や乾燥機のレギュレーションは守ろう!

洗濯できるorできないものがあるので、それらをよく確認しておくことも重要ですね。基本は中綿が化繊のヤツは中性洗剤でOKだけど、ダウンは専用洗剤を使用するのが吉です。

 

因みに「キルティング」とはミシンで縫い合わせた素材のこと。シュラフは中綿のズレや偏り防止のためにキルティング加工が施されているものが多いので、「キルティングのある布団」的なカテゴリーに入るかと。より高級なシュラフは羽毛布団的な扱いですかね。

 

洗濯表示はそれぞれ明記されている

この洗濯表示は左から「水温30℃を限度に洗濯機で洗えます」。三角は「漂白禁止」。その隣の四角の中のマルにバツは「タンブル乾燥禁止」。そして「アイロン禁止」と「ドライクリーニング禁止」。あれ?ちょっと待って。タンブル禁止ってことは、回転させながら温風を当てるコインランドリーのタンブラー乾燥機が使えないんじゃん!

 

タンブラー乾燥が使えるものは、乾燥時にテニスボールを2、3個一緒に投入すると羽毛を適度に叩いてくれて仕上がりがふっくらしますよ!

 

広げて確認してみれば、手前のは確かにキルティング加工入ってないし、タンブラー乾燥させたら、中綿が偏りそうです……。仕方ないので、乾燥は自然乾燥にまかせるしかないのか……

 

洗ったシュラフをどうやって乾燥させるのか?

洗濯機が使えないとなれば風呂桶や衣装ケースとかにお湯貯めて押し洗いです。水(お湯)を変えながら押しすすぎで手洗いすべし。洗いながらもどこにどうやって干すか思案したのですが、水分をできるだけ抜いて網戸とかスノコに平らにのせて陰干しするのが良いらしいです。

 

陰干しが前提なので、日差しの強い日に車のボンネットの上に置なんてのはよろしくありませんよ。乾燥の時に退色も激しく進みますし、生地も痛みがちです。

 

洗うのはまあめんどくさい。でもダニは処理したいとお悩みの貴殿にこんな方法はいかがだろうか?灼熱の車の中に入れておくことでダニを熱で処理する「車内ダニパンチ!」照り付ける日差しの車内、しかもダッシュボードの上とかなら殺傷力も高いことでしょう!

 

洗い立てのシュラフでのキャンプはアがる!

車内放置でふっくら仕上げになりました。しかもタダだし!ちなみに乾かした後に仕舞う時は付属のスタッフバッグではなく、大きめの袋にフワっと畳んで仕舞うのがロフト(カサ)が潰れずに長持ちします。

 

でも、場所がなければスタッフバッグに入れても大丈夫!実際に使う前に少し干せば回復しますからね。たまにはシュラフも洗って気持ちよくキャンプしましょう!