今流行りまくってる「エア・ジョーダン」って何なん?

日本では、定期的にスニーカーのブームが巻き起こっています。古くは90年代に空前のスニーカーブームが起こって、「エアマックス狩り」と呼ばれる犯罪が発生するなど、いい意味でも悪い意味でも社会問題となったことがあります。

 

また、ここ数年は継続してスニーカーブームが再燃しており、当時流行したスニーカーの復刻版が多く登場している事実があります。その中で、スニーカー界のキングとも言える「エア・ジョーダン」というスニーカーがありますが、そもそもエア・ジョーダンってなに?という方も少なくないと思います。

 

そこで今回は、数多のファッショニストの心をキャッチし続けている「エア・ジョーダン」についてご紹介していきたいと思います!

 

バスケットボール界の神様をモチーフとしたスニーカー!

エア・ジョーダンとは、バスケットボール界では神様に崇められている名プレイヤーであった、マイケルジョーダン氏のシグネチャーモデルのシューズです。

 

実は、マイケルジョーダンはアディダスを愛用しており、アディダスとの契約をまとめようとした時に待ったをかけたのがNIKEでした。NIKEはマイケルジョーダンの能力を高く評価しており、その将来性を見込んでなんとしてもNIKEのシューズを履いてもらおうと画策していました。

 

その答えとして、マイケルジョーダンモデルのスニーカーをデザインすることになって、誕生したのがエア・ジョーダンです。エア・ジョーダン1が誕生したのは1984年のことで、マイケルジョーダンの人気とともにこのスニーカーも爆発的なヒットを遂げています。

その後、毎年のように新作を発表しており、その都度人気となり高値で取引されています。

 

ちなみに、初代のエア・ジョーダン1はレッドとブラックという奇抜なデザインであり、当時NBAはユニフォームの色にそぐわないという理由で、試合で履くたびに罰金を課していたというエピソードがあります。

 

人気モデル①:エア・ジョーダン1

エア・ジョーダンシリーズの中でも、レジェンド的な人気を誇っているのが、初代エア・ジョーダンです。その後シリーズ化されているので便宜上「1」と命名されていますが、当時は「エア・ジョーダン」として発売されています。

ハイカットモデルでしっかりと足首をサポートしつつ、抜群のクッション性でマイケルジョーダンの抜群のジャンプ力をしっかりとサポートする機能に優れています。

 

また、エア・ジョーダンシリーズは色のバリエーションが多く、オリジナリティ溢れる逸品を見つけやすいのが特徴です。また、後にストリート履きに向いたローカットモデルも誕生していますが、やはりハイカットでレッド系カラーのエア・ジョーダン1が一番人気です。

 

今でも復刻を繰り返しており、比較的入手しやすいのですが、発売当初のモデルは50万円以上の高値でも取引されています。

 

人気モデル②:エア・ジョーダン6

エア・ジョーダン1に次ぐ人気を誇っているのがエア・ジョーダン6です。1991年に発売され、マイケル・ジョーダンがシカゴ・ブルズで初優勝した時のシューズとして有名です。

機能的には大きな進化はありませんが、つま先の補強を廃すことによって、ジョーダン本人が素足に近い感覚のシューズが欲しいというニーズに応じています。

 

また、大人気漫画「SLAM DUNK」において、主人公の桜木花道が初めて履いたバスケットボールシューズとして、日本で特に人気の高いモデルです。

 

人気モデル③:エア・ジョーダン11

1995年に誕生したエア・ジョーダン11は、ジョーダンがフォーマルなデザインのシューズを希望したことによって、それまでのモデルとは少し趣が異なっています。

 

レザーが常識的に使用されてきたアッパー部分には、エナメルレザーとナイロンメッシュを使用して、コートだけでなくストリートでも映える逸品となっています。

斬新なデザインによってスニーカーブームの一端を担って、エアマックス95とともに大人気を博しました。

 

まとめ

エア・ジョーダンシリーズは、今でもNIKEの中でシリーズ販売されており、新作が毎年誕生しています。

最新作のエア・ジョーダン32も、ジョーダンのDNAの基盤となるレッドとブラックへのオマージュを見えていて、今でも誕生当初のパッションを兼ね備えています。

 

また、今まで発売されたシリーズの復刻版も継続的に登場していますので、常に目を離せない存在です!

 

参考-pixabayAmazon