ボロッボロのエア・ジョーダンを完全レストア!劇的ビフォーアフターすぎるでしょw

【組立編】仕上がりが楽しみすぎる…!

ピッカピカになったソールと、補修が完了したアッパーをいよいよ組み立てていきます。接着剤をソールにまんべんなく塗布していきます。

 

塗布した面とアッパーの底を熱して、接着剤がムラなく行き渡るようにします。

 

さて接着が終わったら次は縫合です。さすがに接着剤だけではすぐにソールがパッカーン系になってしまいますので、しっかり縫合してあげる必要があります。

 

ソールにはあらかじめ縫合用の穴があるので糸を通していきます。そしてここで重大なっことを思い出します…… 中敷き洗ってねぇ!

 

それなりに履き込んだ靴の中敷きはもちろん食器用洗剤だけでは落としきれない汚れやバクテリアであふれています。縫合をササっと終わらせて中敷きを洗浄していきます。

 

まず熱湯をぶっかけることで、歪んでしまったインソールの形状を復元します。なんか熱湯消毒的なイメージもあって幾分か気分もマシになりますね。

 

次に食器用洗剤とブラシでごしごしと洗っていきます。これによって漂白と殺菌ができるので見た目も中身もさっぱりしてくれます。

 

仕上げにLysolの殺菌スプレーでほぼ100%のバクテリア除去が完了します。これで安心ですね!

 

インソールもきれいになり、最後の組み立てが終わったらミンクオイルで仕上げていきます。食器用洗剤を使用したこともあってレザー部品がカッサカサに乾いてしまっているので、栄養補給とつや出しのために必要な工程です。

指に布を巻いてミンクオイルを塗布していきます。

 

劇的ビフォーアフターすぎるでしょw

ミンクオイルを塗布し終わればレストアは完了です。まるで新品のように生まれ変わったエアジョーダンはうっとりするようなつやを放っていますね!

 

ここで劇的ビフォーアフターを比較してみましょう。いやはや素晴らしい手腕ですね、見るも無残な泥んこシューズの面影は今やどこにもありません。

紹介が遅れてしまいましたが、このレストアを手掛けたのは アメリカで靴の補修を専門としているJohn Manalo氏。YouTubeで様々な靴のレストア動画をアップしているので、ぜひご覧ください!

 

以上、劇的ビフォーアフターな靴レストア動画のご紹介でした!

 

参考-YouTube : Heavily Obliterated $1200 2011 Air Jordan Banned 1’s DEEP CLEANED!