まだまだ続く!コロナによる教習所のパンク状態…解決の見通したたず!?

2020年から話題にあがっていた「コロナのせいで教習所がめっちゃ混んでる」という問題ですが、そろそろ解消できているのかと思いきや、どうやらそうでもないみたいです。

教習所の混み具合について、実際に教習所で働く方々に聞いてみました

 

バイクの教習はめっちゃ混んでる!?

どの教習所もそうでしたが、バイクの教習は非常にぎゅうぎゅうになってしまっていて、教習の予約が向こう10日間は絶対に取れないそうです。この状態がいつから続いているのかというと、冒頭でお話しした通り2020年の夏からでした。

 

実は近年、新規免許取得者も減少したことから、バイクの販売台数も下がり続けている(今は回復の兆しを見せていますが)こともあり、バイク教習の枠数を少なくした教習所もあるそうです。

また、地域によっては逆に昔からバイク免許取得者が多い、というケースもありました。どちらにせよ、普段からわりと混んでいた状態にコロナ需要がかぶさり、教習所がパンク状態に陥ってしまっているというのが現状です。

 

在宅・フレックス制で教習所に通いやすくなった

例年だと、教習所のユーザーは春休み開けになると一気に減ったり、平日の昼間はガラガラだったり、冬になると寒すぎて二輪の受講者が減るといった傾向があります。

しかし、在宅ワークやフレックス制を取り入れる企業・学校が増えたことで、相対的に自由時間が増え教習所に通いやすくなったユーザーが多く、いつもなら空いている時期でも予約がMAXになってしまっているそうです。

 

給付金やGo Toが後押しに

10万円給付金に加えて、地域によっては2回目の給付金なども重なり、教習所に通うための資金を一気に用意することができたことも要因の一つです。

フォーライドの姉妹サイトである教習所ランキングサイト「ビフォーライド」でも確認できるように、バイクの免許は12万円~23万円、車の免許は23万円~35万円ほど取得にかかります。これのほぼ70~100%を補填できる額が普及されたのですから、「これを機に」と受ける人は多かったでしょう。ただ、給付金の支給からはすでにある程度時間が経っているので、激混みの第1次ブームは過ぎているとも考えられます。

Go Toトラベルによって免許合宿が極端にお得になるケースもあって、教習所だけでなく合宿キャンペーンも即満員御礼になってしまうそうです。

 

家族の反対が減少?

驚くことに……というか喜ばしいことに、近年ではバイク免許取得に対する家族からの反対が減少している、という声もありました。

学生のうちから免許を取ろうとすると、どうしても親からの支援が必要になる場合があり、しかし親に反対されてバイク免許取得を断念せざるを得なかった……なんてことが長らく往々にしてあったのですが、だんだんとその風潮もなくなってきているようです。バイク業界に再び明るい光が差し込んできましたね、さっさとコロナ事変なんて収束してくれれば新規ライダーが増えそうなんですが……。

 

2021年にバイク免許を取るならいつがいいの?

一年を通して混んでいる、ということに変わりありませんが必ず(比較的)空いている時期はあります。教習所の方々と相談してみた結果、先述の

・冬の寒い時期

・休みシーズン外

・平日の昼間

はどうあっても人が減るそうなので、それをすべて掛け合わせた11月上旬~12月上旬の1か月間に集中して取るのが一番いいのでは、という結論に至りました。もちろん手続きなどがあるので、実際に入校するのは10月あたりになるでしょう。

 

ただ、2020年は休校していた教習所も少なくなく、2021年のためのノウハウがまだ積まれていないため「正直どうなるかはわからない、ずっと混んでそう」という意見もいただきました。コロナウイルスのワクチンが普及し次第、また大きく勤務・通学体制の変化があるかもしれないので、見通しが効かないのが本音だそうです。

新規免許取得を考える人にとっては非常に苦しい時期ですね……しばらく見送ることが多くなりそうです。

上中達也

上中達也

BMX、MX、スケボー、サーフィンなど横ノリ全般をこよなく愛する。クルマやバイクの新車情報や、オモシロ動画を逐一チェックする癖アリ。