> MOTORCYCLE > オモシロ > どうしよう…SAでバイクおやじに絡まれた時の逃げ方

ナンシーさんイクラちゃんと言う言葉をご存知であろうか?SAで休憩をしているとどこからかおやじが出現し「これ何ccなの?」「これいくらするの?」などと話しかけてくる。

何シーシーなの?と聞いてくるのでナンシーさん。いくらするの?と聞いてくるのでイクラちゃんと呼ばれています。比較的大型バイクにはナンシーさんが、ハーレーなどのバイクにはイクラちゃんが絡んでくる傾向があるようです。

 

ナンシーさんやイクラちゃんの他にも、クライデルさんやナナハンさんという種族も存在します。今回は、そんな方々に絡まれてしまった時の上手な逃げ方を紹介したいと思います。

 

まずは広い心をもち逃げる準備を整える

こっちの都合なんてお構いなしに「これはナンシーシーなの?」と聞いてくるナンシーさん。「〇〇〇ccです」って答えても「へぇー」とか「ふぅーん」という答えが返ってくる事が多いです。

自分から聞いてきたのに興味ないの?と思ってしまう所ですが、そこは心を広く持ってください。なぜナンシーさんが素っ気ない返事かと言うと実際、目の前にあるバイクが何ccだろうとナンシーさんには関係ないのです。

 

ただ、話すきっかけが欲しいために何ccか尋ねてきたのです。ここから話が広がってしまうナンシーさんは、俺も昔は乗ってたんだよ。また乗りたいなぁ。と被せてくるので、そんな時に大きな心で「きっと乗れると思いますよ」と言ってヘルメットをかぶってしまいましょう。

 

待ち合わせの時間だと時計を見る

とてもスマートな逃げ方は、やはり「仲間と待ち合わせをしているので」とその場を立ち去るのが一番スマートだと思います。

 

時計を見るのも有効です。しかしナンシーさんやイクラちゃんは空気が読めないというのが基本ですので、ただ時計を見るだけでは気づいてもらえません。

きちんと声に出して時間がないと言う事を伝えましょう。そしてヘルメットをかぶり、笑顔で会釈でもすればスマートに回避できるはずです。

 

適当な答えではぐらかして逃げる

やはりクセの強いおやじは、こちらの回答にさえケチをつけたり、ヒドイときには軽い説教までされる事があります。そんなおやじを回避するのは、適当な回答です。

 

例えば、イクラちゃんは「このバイクはいくらくらいするの?」とだいたい聞いてきます。そこで「150万円くらいですかね~」なんて答えてしまうと話が広がってしまうので避けて下さい。

「軽自動車と同じくらいですかね」や「中古のクラウンが買えるくらいですかね」と適当に答えておくのがベスト。

 

トイレへ行く

ちょっとトイレに急いでいて」とその場を立ち去る。さすがに空気は読めなくても、トイレと言われれば武勇伝を話してくる事もないのではないでしょうか。

 

もし、本当はトイレに行きたくないとしてもトイレには向かって下さい。そして少し様子をみてから戻って下さい。さすがにトイレと言って離れているのに、追いかけてきたりバイクが停めてある場所で待っていたりなどはしないと思いますので、ピンチの時にはトイレへ駆け込むのがベストでしょう。

 

いかがでしたでしょうか。ナンシーさんやイクラちゃんという、空気が読めないおやじからの逃げ方を紹介しました。

コミュニケーションの1つとして会話を楽しむのもバイクの楽しさとも言えるかもしれませんが、ちょっと面倒そうな人や、上から目線の人、どうでも良い武勇伝などは極力避けたいもの。

そんな時には相手に不愉快な思いをさせず、自分も不愉快にならずに笑顔で逃げたいものですね。

 

jaychay

トップガンに憧れてニンジャに乗ってしまったバイク女子。現在はバイク育児休暇中の2児のママです。女子目線からバイクの魅力を発信していきたいです!