【バイク免許不要】自転車に乗れれば大丈夫!「フォレストライダー」に子供を連れて行ったら大はしゃぎ!

家族持ちバイカーの皆さん、バイク趣味を家族と共有するのって難しいくないですか?息子を乗せてのタンデムツーリングは筆者にとっては良いものですが…… 息子にとっては退屈極まりないそうで、近年さっぱり乗ってくれません。

 

免許が無くても大丈夫!? 大自然の中で電動バイクが体験できる「Forest Rider」が楽しすぎる!

そこで思い立ったのが当サイトで紹介されていた「フォレストライダー」。バイク免許不要・自転車に乗れればバイクに挑戦できそう。しかも…… あまり知られていないみたいなんですけど、実は小学生からOK!これは行くしかないでしょう。

ということで今回は、二人の息子を連れて、家族でフォレストライダーに行って来ましたので、その様子をレポートしてみまっす!

 

初心者が電動トライアルで遊べる!

「フォレストライダー」について紹介しておきますと、それは……こんな感じの、電動トライアルバイクでオフロード走行を体験できる、新しいタイプのバイクアクティビティ。これまで秩父、昭島で開催されていましたが、現在は千葉県長生郡のターザニア・ロングジップスライド(リソル生命の森内 スカイバレー)で開催されています。

主対象はご覧のような若い方々ではないかと思われますが、そこに筆者は嫁さん+小学4年生・6年生の息子二人と突撃したのであります。

 

会場のリソル生命の森ってどんなところなんだろう……と思っていましたが、到着すると出迎えてくれたのはこの光景!里山を上手く活かしてアウトドアアクティビティのフィールドになっており、パターゴルフやロングジップスライドを始めとした数多くのアトラクションを体験できるのであります。

最近はサッカーばかりの週末を過ごしている息子達ですが、元は毎週末を里山に海にと暴れ放題で過ごしてきた血が騒ぐのか、一瞬にしてググっとテンションが上がっています!

 

受付では笑顔が素敵なお兄さんが出迎えてくださったので、嫁さんのテンションもMAXでございます(笑)

 

「フォレストライダー」の素晴らしいところは、必要装備一式が込み込みなところ。必需品のメットとグローブはもちろんのこと、希望者にはブルーorレッドのジャージとプロテクターも貸してくれます。

いずれもデザインはシンプルですが、それが中々に素敵。特別なイベント感が演出され、ますます気分が盛り上がって行くのであります。

 

利用者には漏れなく、こんな素敵な休憩スペースが用意されています。安全・乗り方講習を含めて120分とそれなりの長丁場ですから、寛げる場所があるのは嬉しいですね。

カップルやファミリーでのんびり過ごすことができます。筆者もコーヒーを頂きました。

 

初心者・小学生にも丁寧に教えてくれる

いよいよ乗り始めるのですが…… いきなり「行ってこい!」と言われると、小学生二人と同行した筆者には、ちょっと辛かったのですが……

 

こうしてベテランのスタッフさんが、ルールと注意事項の説明から、車両の取り扱い、そしてバイクの基本操作まで、優しく教えてくださいました。最初はGO & STOP。それから旋回、そして小さな段差越え……といった練習を30分程度したでしょうか?

その後、決められた周回コース(オフロード)を自由に走れるのであります。別で参加していた上手なお兄さん達は、ササっと乗り始めていましたから、臨機応変に対応してくれるのかも知れません。

筆者ファミリーの場合は、講習のお陰で小学生二人は基本操作をマスター。またバイク歴数年の後にバイクから離れて久しい筆者のお嫁ちゃんも感覚を取り戻すことが出来たようでした。

 

講習を受けたら周回コースを自由走行!

後は周回コースを思い思いに走るだけ!息子達も初バイクを楽しんでいます。

 

育児に追われ10年ほどバイクから離れていた筆者のお嫁ちゃんも、息子達と一緒のバイクを楽しんでくれていました。

「小学校も高学年になると家族全員で楽しめるアクティビティって少ないから、良い思い出になったね」と笑顔であります。

 

周回コースはオフロードではあるのですが、正確にはゴルフカートが通行するレーンとその周辺の芝生を走行します。ですので完全な初心者でも安心して楽しめるコースです。

 

訪問日は前日に雨が降っていたこともあり、また長男は若干ドン臭いところがあり、こんな屁っ放り腰になるシーンもありましたが、それもまた良し。

 

トライアルバイクは驚くほど軽量ですから、オットット…… となっても、小学生でも立て直せるのであります。

 

そんなこんなで、暫くするとご覧の通り!思春期に入ってしまったのか「うぜぇよ、父ちゃん」が口癖となり、すっかり可愛くなくなった長男ですが……

久し振りにこんな良い笑顔を見せてくれたのでした。

 

「フォレストライダー」では周回コースの脇に「上級者コース」が所々に用意されています。平坦基調のオフロードではなく、チョビっとだけですが起伏や段差があり、森を走る雰囲気を味わえる…… そんなコースです。

このように初バイクの小学4年生でもクリアできる難易度ですが、彼女なんか連れて行ってススっと上級コースを通過する姿を見せたら、ちょっと自慢できるかも知れません。

 

 

電動トライアルバイク「OSET」に乗れる!

「フォレストライダー」で感心させられたのが、貸与されるのが電動トライアルバイクであるところ。平和な休日を過ごす他のアクティビティを楽しむ訪問者にとっては、バイクの排気音は騒音でしかないわけで…… 音の出ない電動バイクだからこそ、この里山をベースにしたフィールドにフィットするのだと思いました。またバイクが初めてという方に対しても、威圧感がないのが◎なのです。

貸与されるのはOSETの24インチモデル。特徴的なトレリスフレームにバッテリーを搭載しておりまして……

 

このようにブレーキ系統などには自転車用パーツが多用されています。

 

上手なライダーさんが乗れば、こんなことも出来るようです。

 

小学4年生の次男は20インチのモデルを貸していただきました。身長140cm以上または小学校4年生以上からに、コレでしっかりと対応しています。

 

もう一つ感心したのはコレ、左グリップ脇に付いた赤いスイッチ。このスイッチから伸びる紐をライダーの左手首に巻き付けて使用します。転倒したときなど、左手がグリップから離れると、この赤いスイッチがポンっと外れて電源を落としてくれる、キルスイッチです。

不特定多数・属性不明・腕前もバラバラな訪問者に対して、バッチリ安全性にも配慮しているのです。

 

そんなこんなで、あっという間の2時間でしたが…… 人生初バイクに緊張していたのか、頭は悪いが体力だけは人一倍の息子達ですが、充分に満足してくれました。

帰りの車内では極めて珍しいことに「また来ようぜ!」「楽しかったよ!」などと言ってくれましたので、来てよかったなと、そう思った筆者です。皆さんも是非「フォレストライダー」行ってみてください。家族での訪問も楽しいと思いますよ!

 

フォレストライダーの概要

★ここにGoogle Map埋め込んでください★

場所:ターザニア・ロングジップスライド(リソル生命の森内 スカイバレー)
住所:千葉県長生郡長柄町上野486
料金:1名 / 1回5,000円(税込)→オープン価格1回4,000円(税込)
※安全講習を含むライディング時間約90分、トータル約120分

【現在決定している開催日】
6月16日までの土・日・祝祭日

フォレストライダー

公式ホームページ