もう悩まない!バイク女子のお化粧事情とは?

「バイク女子の皆さん、メイクってどうしてるの?!」バイク女子となると、一度は悩んだことがあるであろうお悩み。通勤・通学の手段として、バイクを使っている方であれば、特に気になりますよね。

そこで今回は、バイク女子にぴったりのメイク術をご紹介します。バイク女子には、バイク女子にぴったりのお化粧の仕方というものがあるのです。

 

ファンデーションは塗らない!

お化粧の基本ともいえるファンデーション。お肌を綺麗に見せてくれる代物ですが、バイクに乗るにあたっては塗らない方が良いでしょう。

経験者の方はお分かりだと思いますが、ヘルメットをつけるとファンデーションがヨレてしまうのです。フルフェイスであればなおのこと。また、ヘルメットにファンデーションがついてしまうと衛生的にも良くありません。

 

衛生環境が良くないと、肌トラブルを引き起こしてしまうこともあります。そのため、バイクに乗るならファンデーションを塗らない方がおすすめ!

 

どうしても気になるならナイトパウダーを使ってみて!


さて、先ほどファンデーションは塗らない方が良いと言いましたが、そうはいっても抵抗のある方もいることでしょう。そこで、おすすめしているのがナイトパウダー!

 

ナイトパウダーは、24時間つけていてもOKな新コスメ。化粧水・乳液をたっぷり肌に染み込ませた後に使ってみて下さい。ファンデーションほどではありませんが、肌質が滑らかになり、明るさもワントーンアップします。

 

またヨレもあまりなく、お化粧直しが簡単に済んじゃいます!ただ、ヘルメットの内装はこまめに濡れティッシュなどで拭いておくようにしましょう。もちろん、お化粧をしていない時でも、汗や皮脂をこまめにふき取ることで清潔感を保つことが出来ます。

 

日焼け止め・眉毛・アイメイクに注力!


ヘルメットを着けている時に、一番良く見える顔のパーツはどこか。目、そして次に眉毛が挙げられます。また、目や眉毛は一番お化粧がとれにくい個所になるので、バイクに乗るときは、アイメイクをいつもより少し濃いめにしておくと良いかもしれませんね。

 

また、女性ライダーにとって天敵となる紫外線もしっかりと対策を打っておかなければなりません。そう、日焼け止めは必須です!

ヘルメットをつけている安心感からか、たまに紫外線対策に手を抜いている方もいますが、シーズンに関係なく対策を打っておくのが無難でしょう。

 

日焼け止めはウォータープルーフ・白くならないものを!


日焼け止めですが、ウォータープルーフかつ白くならないものをチョイスするのがおすすめ!

夏場に赤信号で停車している時など、バイクに乗っているとかなり汗をかきますよね。汗をかくたびに日焼け止めを塗り直すのもかなり手間になるでしょう。そのためウォータープルーフは必須です。ウォータープルーフであっても、3時間ごとに塗り直すのがベスト。

 

また、日焼け止めの中には、白っぽくなりやすかったり、汗をかくと浮き出てくるものがありますよね。そういったものは、お化粧直しが大変なので、できるだけ水っぽい質感の日焼け止めを選ぶようにしましょう。

 

口紅はヘルメットをとった後に!


ヘルメットをかぶると、高確率で口紅がはげたりするので、ヘルメットをとった後に口紅をひくようにしましょう。ちなみに、ジェットヘルメットであれば口紅をつけていてもOKです。

 

バイク女子のお化粧術を実践してみましょう!


今回は、バイク女子にぴったりのお化粧のポイントをご紹介しました。「ナイトパウダー」をファンデーション代わりにする、という方法が一押しです。

キャンメイクなどプチプラコスメブランドからも販売されているので、ぜひトライしてみてください!着け心地が軽く、綺麗なお肌が仕上がるので、普段のメイクでも重宝できるかもしれません!