> MOTORCYCLE > 遊び > グループツーリングしたい!ボッチのための群れの作り方・入り方

バイク仲間と交流したい!と思ったとき。みなさんは、どのような手段を選んでいるのでしょうか。自分のペースで走れるソロツーリングも楽しいのですが、たまには熱くバイクについて語りたいときもあるはず。

今回はバイクにもっと熱くなりたい時のために、バイク仲間を増やす方法を考えてみたいと思います。

 

SNSを利用してバイクチームに加入する

誰かとつながりたい時に便利なツール、SNS。顔が見えなくて不安な要素もありますが、いろいろな情報を集めるのに便利なのです。

さらに年齢や性別、職業、国籍など、すべてを超えてつながることが可能になります。

ただバイクが好きというだけで、こんなに広がる世界はSNSの絶大な効果といったところ。SNSで知りたいお店をフォローしておくと、ツーリングなどのイベントだけでなく定期的にいろんな情報を知ることができますよ。

 

ただし顔が見えない相手とつながるデメリットとして、モラルや価値観などがことなると、トラブルの原因になることも。ときに相手に誤解を与えることや、誤った情報が送られてくる可能性もあるので慎重に利用しましょう。

便利なツールですが、一定のルールを守って使用することが大切ですね。

 

ディーラーを最大限利用してみる

バイクを購入するときの選択肢として、ディーラーで購入するという方法があります。ディーラーでバイクを購入するメリットは、バイクの専門性がさらに高いお店ということ。電子制御のバイクが増えているので、トラブルによっては「ディーラーでなければ対応できない」バイクもあるのです。その分、工賃などのメンテナンス費用が割高となるかもしれませんが、不安になる要素が少なく安心感も一緒に購入できる!というのが、ディーラーでバイクを購入する強みと言えるのではないでしょうか。

中古車も販売しているので、お店の人から購入前にアドバイスをもらうことも可能です。これなら、疑問を解決した上でバイクを購入できそうですね。

 

そしてバイク仲間を増やすには、ディーラーで定期的に行われているイベントやツーリングに参加するという方法があります。バイクを購入するとイベントなどの情報が定期的に届くので、自分の行きたい!と思ったタイミングで参加してみてはいかがでしょうか。

バイク好き同士が集まり、さらに同じバイクを所有している人と交流できるチャンス。カスタムから日常のちょっとした「バイクオーナーのあるある」を話せる人が増えていくはずですよ。

 

バイクイベントで仲間をつくる

もっといろんなバイク仲間が欲しいときに、おすすめなのがバイクイベント。ディーラーのイベントでは、そこで購入したバイクが勢ぞろいすることが多いのです。そのため、もっと広くバイク仲間を増やしたいときには、いろんなバイクが集まるようなイベントに参加してみるのもひとつの方法。ハーレーからスポーツタイプのバイクまで、こだわりの愛車を所有しているオーナーと話すことができますよ。

自分らしさを追及したカスタムの話に、バイクの車種を超えて通じることがあるでしょう。バイク好き同士の交流は、楽しいものですね。

 

一匹狼スタイルもクールですが、同好の志とワイワイ話しながら走るのも夢ですよね。これを機にグループツーリングにチャレンジされてはいかがでしょうか?

以上、グループツーリングへの第一歩紹介でした!

 

smile

楽しいとおもえる時間や空間が好き。趣味はバイクで自由気ままに走ること。車・映画・音楽・ファッション。色んな視点から走る楽しさを伝えていきたい。