カワサキのショールームへ急げ!期間限定でバイクを身近に感じられるチャンスが到来!

もっと、バイクを身近に見ることができたら……バイクに対して持っているイメージが変わり、バイクに乗ってみたいという人が増えるかもしれないですね。

そんな店舗として、今回は期間限定のカワサキのショールームをご紹介したいと思います。

 

カワサキのショールームはどこにあるの?

東京モーターサイクルショーでも、かなり人気のあったカワサキのブース。写真をとる人で、かなり賑わっていました。

そんな帰りに立ち寄ったのは、東京都の千代田区神田須田町にあるマーチエキュート神田万世橋。ここにカワサキのショールームがあり、6月30日(土)までの期間限定になります。

最寄りの駅は、秋葉原駅、神田駅、お茶の水駅、新御茶ノ水駅、淡路町駅、小川町駅、岩本町駅。いちばん近いのは東京メトロ銀座線の6番出口からで、約徒歩2分の場所です。

 

電車の高架下にある外観はおしゃれなカフェのような建物で、いろんなセレクトショップが入っています。このなかでバイクが見れるのは、けっこう斬新なアイデア。バイクを見たくても何となく入りにくい、という方にとっては嬉しい場所だと思います。

 

店内にはバイクが3台とめてあり、いつものバイクのショップなどに比べると広くはないのですが、お店の方に言うと気軽にバイクに跨ることができるので、足つきなどを体感することができますよ。すぐそばの2人がけのテーブルで、ゆっくりと美味しいコーヒーをいただき、夕方の時間に行ったので混み合うこともなく、Ninjaを堪能しました。

バイクを見ながらコーヒーを飲めるなんて、かなり嬉しいスペースです。自分の部屋で、バイクを眺めている感覚に少しなれますよ。

東京モーターサイクルショーでも印象的だったのは、展示されているカラーリングにブラックが多かったこと。今回は、ホンダのCBR250RRの展示もブラック、そして他のブースでも多かった気がします。ターゲット層を変更していきたいという戦略の一つかもしれないですね。

 

次回にも期待!展示されているバイクも期間限定

 

4月9日からは「Z900」と「NinjaH2R」が展示される予定です。

隣のブースでは、スタイリッシュな革小物やジャケットなどを販売しているお店もあり、ファッションが好きな人にもおすすめです。しっかりとした素材でデザイン性の高いものが多く、お気に入りのアイテムに出会えるかもしれないですね。

そしてこちらの店内には、Ninja ZX-RR のカットエンジンモデルが展示されています。エンジンをじっくり見ることができるので、かなり貴重な体験になるのではないでしょうか。

いま展示されている、500SS MACH ⅢとNinja ZX-11は入れ替えになるので、ご覧になりたい方は、お早めにお店に行ってみてくださいね。

  • 住所:東京都千代田区神田須田町1丁目25番地4
  • 電話番号:080-9309-0289
  • 受付時間:11:00~18:00
smile

smile

楽しいとおもえる時間や空間が好き。趣味はバイクで自由気ままに走ること。車・映画・音楽・ファッション。色んな視点から走る楽しさを伝えていきたい。