バイカーYouTuberはじめてみない?新しいツーリングの楽しみ方

この素晴らしい絶景をカメラに収めたいけど、このまま止まらずに走り続けたい!バイカーはツーリング先で常にこのジレンマと闘っています。

それほどツーリング先の景色は特別なもので、最近では写真に加えて動画を撮影するバイカーが増加。さらにその動画をSNSやYoutubeをはじめとする動画サイトで「モトブログ 」としてアップして、自分の思い出を気軽にシェアする楽しみ方もだんだん浸透してきました。

 

スマホ一つあれば始められなくもないですが、どうせならきちんとしたカメラを揃えたほうがはかどります。日頃からモトブロガーとして活躍する筆者がぜひともおさえておきたい機材を3つ紹介しちゃいます!

 

走行動画撮影の王道「GoPro」

そもそもライダーの間で「モトブログ 」が流行り出したのはGoProをはじめとしたアクションカメラの登場がキッカケです。バイクは振動や防水性の面から精密機械であるカメラを積むのが難しい乗り物でしたが、ハードな現場での撮影を前提としたGoProが風穴を開けてくれました。

 

初代から通算して現在は8代目の「HERO8」が最新モデルとなっており、今ではバイカー御用達のカメラとして定着しています。滑らかで安定した走行動画を撮影できるGoProは、バイクのハンドルやカウルに取り付ける「車体マウント」とバイカーのヘルメットに取り付ける「ヘルメットマウント」での使用が主流です。また、別売のマイクアダプタを購入すると、風景と一緒にバイカーのおしゃべりを録音することもできます。

 

バイクを降りたときに活躍「ジンバル」

ジンバルとは強力な手振れ補正アイテムのことで、高級な自撮り棒と称されることもあります。主にスマートフォンのカメラのブレを自動で補正してくれるので、ブレのない滑らかな映像を撮ることができます。

 

役立つのは走行中ではなくバイクを降りてからの撮影。ジンバルさえ使えば、手ブレでせっかくの絶景が台無し!なんて悲劇を防いでくれます。キレイな映像のために体の動きを抑えてカメラを構えるなんて苦行ももちろんしなくていいんです。

三脚代わりにも使えちゃうので、自分とバイクを画面に収めた思い出シーンの撮影にも重宝します。

 

自分が走っている姿を空撮「ドローン」

街中のショールームの鏡に写る、自分の走る姿をチラ見してしまうのがバイカーの性ですが、ドローンを使えば好きなだけ撮影できます!

最近のドローンには「アクティブトラック」という機能がついており、ロックした対象を「自動追尾+撮影」してくれるので、走行中の操作は不要。走行前にひとたび設定するだけでOKという気軽さです。

 

もちろんあまり速度を出しすぎるとドローンが追えなくなってしまいます。それでも自分の最高にカッコいい走行シーンを撮影できるとなれば、どんなバイカーもテンション爆上がりってものです。

 

アップすれば晴れてYoutuber!

ここまでご紹介した機材を使って、納得のいく映像を撮影することができたら、せっかくなので編集して動画サイトで共有してみましょう。最もポピュラーなのが、「YouTube」でGoogleアカウントさえあればカンタンにログインできちゃいます。

 

肝心のアップロードも特別な操作は不要。YouTubeのメニューの中の「+」をクリックして「動画をアップロード」を選び、編集した動画を選択するするだけで、すぐに公開できます。

 

まとめ:沢山走って動画を撮ってアップしよう

バイクは一人でも十分楽しい乗り物ですが、その楽しさを他のバイカーにもシェアすると、より一層楽しむことができます!愛車で沢山走って、良い動画を撮って、どんどんアップして楽しさをシェアしましょう。

さすライダー

さすライダー

バイクで日本2周、オーストラリア1周済みの、放浪系ライダー&ライターです。愛車のR1200GSに、MacBookを積んで走ってます。