なんでさ!? 子供用のクルマのおもちゃに本物のエンジンを搭載しちゃった!

こどもには時速4㎞で進むピンクのマスタングは十分楽しいおもちゃでしょう。大人になるにつれて次第に魅力のかけらもなくなっていくものだと思います。

しかしどうやらこどもの頭を持った大人が、そんなおもちゃカーを魔改造してしまったようです。

 

最高時速112㎞!? ドリフトをかますピンクの悪魔

Grind Har Plumbin Co というYouTubeチャンネルが世界に発信したのは、本物のエンジンを搭載したおもちゃの車。とっても楽しく危ないおもちゃへと仕上がってしまいました。

 

開発者の一人であるEthan 氏は危うく崖から転落するほどはしゃぎ倒していました。

 

一体何のエンジンを使ってるの?

こちらの非常に危ないおもちゃに搭載されたのは、どうやらHONDA CRF 230の空冷240㏄エンジンのようでした。こんなに小さなフォードマスタングが19馬力でバリバリ走り倒すんですから、退屈なはずありませんよね。

 

横Gで吹っ飛ばされそうな小ささですが、開発者の人たちはノリノリでドリフトをかましています。

 

元の商品はこちら!

もし購入されたい方、自作したい方がいらっしゃったときのために、必要な材料を調べてみました!

 

https://www.amazon.com/Power-Wheels-Barbie-Ford-Mustang/dp/B003H79298

こちらの子供用のフォードマスタングと、

 

https://www.honda.mx/motos/modelos/index.php?categoria=off-road&modelo=crf-230-f

こちらのダートバイクで簡単に作れちゃいます!

 

クリスマスプレゼントを何にしようかまだ迷ってる方もいらっしゃるかと思います。もしご参考になれば幸いです!

以上、「本物のエンジンを搭載してしまった子供用クルマ」のご紹介でした!

 

参考:HIGHSNOBIETYReal Engine in a Barbie Car!
GEORGI

GEORGI

10年間バイク業界に携わっています。ビンテージバイク好きで、ナックル2台、パンヘッド1台、ショベルを3台所有。辛口な記事を書いていきたいと思います!