ヤマハ「Niken」は海外からどんな反応なのかをまとめてみた!

2018年でもっとも議論されたバイクといっても差し支えないヤマハのNikenですが、海外からの反応はどうだったのでしょうか。実際にオーストリアでの試乗に参加したライターさんたちの記事をヒントに、Nikenへのインプレッションを見てみましょう。

 

Bike Indiaによる記事

普通のバイクとの最も大きい違いとしては、ナイケンの悪路においての滑らかな走破性だ。前輪のどちらかが石やバンプを踏んでも非常によくサスが効くし、それだけじゃなくもう一方のタイヤが全く影響を受けずに走ってる(からスムーズに走れるんだ)

ナイケンの最大の弱点としてはヘアピンコーナーでのコーナリングかな。もはや歩くようなペースで曲がらないといけなかったよ。

見た目が相当クレイジーな割に、乗り味は「普通の繊細なバイク」って感じだった。

“The biggest difference from a normal bike was the effortless way that the Niken seemed to float over road imperfections. As one tyre hit the bump or pothole, the suspension was able to react while the other leg wasn’t affected.”
“If the Niken has a weakness, it’s perhaps in really tight hairpins, the ones where I was almost at walking pace just to get round. “
“For a machine that looks so crazy and different, the Niken is remarkably sensible and normal to ride. “
Bike India “Yamaha niken” written by Roland Brown

 

visorDOWNによる記事

さて…… これは僕が今までに乗ってきたバイクの中でも最もトリッキーな部類に入るよ。

ナイケンは細いワインディングロードから広い高速道路まで、ラフな道からキレイに舗装された道に至るまですべてに適応して見せた。

きっついヘアピンではナイケンはとてもヘビーに感じた。フロントブレーキもちょっと力不足かもしれない。

開けた道に出るとすごいフィーリングがよかった。そして普通のバイクと同じ感覚でドライブできた。バンクするのも方向転換するのも全部普通の感覚と一緒だった。

ただ、ちょっとフロントからのフィードバックが抑えられ気味な気がした、ちょっと不思議な感覚だね。結構ぐいぐい攻められるバイクだよ、標高の高い山道の冷たいウェットコンディションでも、フロントのあの自信満々のトラクションは期待を裏切らないね。

フロントを除けばまんまMT-09だね、しかもその上にクルコンとかクイックシフターとかとるきーなエンジンみたいな良いものをたくさんトッピングしたやつね。

“Well. This has to be one of the trickiest ‘bikes’ I’ve ever had to try and work out. “
“Yamaha took us round a massively wide selection of roads, from real narrow first gear hairpins, to fast sweeping A-roads, with surfaces ranging from poor to perfect. The aim being to show how the Niken copes well with anything.”
“On the really tight hairpins, the Niken felt ponderous though. The front brakes are also a bit underpowered.
“When the roads opened up, it was a lot better, and it does work like a normal bike, leaning, and changing direction in a fairly normal manner. The front mechanism doesn’t get in the way, but it does seem to mute the feedback and communication from the front a bit, a little like some other unusual front ends have in the past. You could push pretty hard though, even when it turned wet and cold up in the high mountains, with plenty of confidence that the front wasn’t going to let you down.”
“Away from the front end, it’s essentially an MT-09, with all the good stuff that brings. Cruise control, quickshifter, nice torquey engine.”
visorDOWN “YAMAHA First impressions: 2018 YAMAHA Niken” written by Alan Dowds

 

MoreBikesによる記事

ナイケンで260㎞ほど走った後、バイクの境界線を押し上げるこのヤマハのマシンへの敬意しか心になかった。とても自信に満ちた走りができて、許容範囲が広く、とっても楽しいマシンだ。

多分ここ10、20年間で一番面白いバイクなんじゃないかな、LMWの技術のおかげで今まで体験したこともないトラクションを感じたよ。

フロントサスはLMWシステムに非常にマッチしててすごかった、デフォルトでだいぶソフトなんだけど、ツインフォークシステムと相まってどんな地形でもすごいスムーズに走れたよ。わざといろいろなバンプや石の上を通ってみたけど、全然問題にもならなかった!リアサスは普通のバイクと一緒で、ちゃんと働いてたよ。

まとめると、ナイケンに費やされた努力と知恵は相当なものっていうのは明らかだったね。あれほどいろんな記者たちが口をそろえて太鼓判を押すなんて聞いたこともなかったし、つまりそれがナイケンのすごさを物語ってるよね。マジで乗ってみて、ビビるから。

And after 260km in the saddle, I’ve got nothing but admiration for Yamaha’s boundary-pushing machine. It’s confidence-inspiring, capable and great, great fun.
It’s arguably one of the most exciting motorcycles to make it to market for the last decade (maybe even two). Its revolutionary new LMW (leaning multi-wheeler) technology and two front wheels help it stick to the road like nothing else I’ve ever ridden
The front end suspension, which works in unison with the LMW system, is equally impressive. It’s reasonably soft in standard setting – but thanks to its twin-fork system – and two front wheels, the Niken can track smoothly over rough terrain with ease. It’s like it’s on a set of train tracks. I was bobbing around into ruts and over rocks, trying my best to catch it out – but it wasn’t fussed, and handled it all in its stride. Rear suspension is a fairly standard mono-shock, and works well too – soaking up the bumps.
In short, it’s obvious a huge amount of brain power, care and effort has gone into perfecting the Niken – and after spending a day in the saddle, I can say with certainty that it’s all been worth it. In fact, I’ve never heard a group of journalists agree so wholeheartedly on something – which is surely a testament to just how good the Niken is. You need to ride one. It’ll surprise you.
MoreBikes “First Impressions: Yamaha Niken” written by Ross Mowbray

 

あ、あれ?意外と好評?というのも、やはりみんな第一印象はショッキングで、しかし乗ってみるとそのすごさに気づく、といった傾向にあります。まとめとして、今回取り上げなかった他の記事でもよく見られたインプレッションを箇条書きにしてみました。

  • 見た目が非常に独特
  • 意外と普通のバイクと勝手は変わらない
  • 全環境に対応できるフロントのトラクションがすごい
  • リアは普通。純正タイヤが微妙
  • コーナーが重い
  • フロントディスクローターが小さいから制動性はよくない
  • 楽しかった

なんとなくナイケンの特徴がわかってきましたね。どうやらフロントにだいぶ力を入れて素晴らしいものができたが、リアを普通のままにしてあるので一般的なバイクとあまり感覚はかわらず、しかしやはり全体的に重くなってしまった、というところでしょうか。

とはいえ、海外の記者からのインプレッションはそこそこに上々のようでなによりでした。今後の売り上げと展開に期待したいですね。

YAMAHA

静岡県磐田市新貝2500
TEL 0538-32-1115

公式ホームページ