予約受注を開始!プジョーから125㏄クラスのスクーターが続々登場!

プジョーは1898年に第7回パリモーターショーで、初めてディオン・ブートン・エンジンを搭載したモーターサイクルを発表。その後モータースポーツでも活躍している、世界最古のモーターサイクルブランド

歴史のあるプジョーが、2108モーターサイクルショーでも話題となったプジョースクーターの予約受注を開始しました。

 

復刻モデルは、スタイリッシュな現代版に進化

DJANGO

丸みのあるフォルムのジャンゴは、1950年代のS55とS57を復刻させたモデル。5段階の調節が可能なリアショックや12電源ソケットもあり機能的です。セパレートタイプのシートは、すわり心地も良く収納力があるタイプ。

ジャンゴ125エバージョンのカラーは、3色(ドラゴンレッド、ビタミンオレンジ、ディープオーシャンブルー)展開です。ジャンゴ125ヘリテイジ(インブラック)は、シンプルなミラーやシートでよりクラシカルな印象となっています。

ボディからシート、ホイールまでブラックで仕上げられたジャンゴ125S(マットブラック)やジャンゴ125ID(キャンディーピンク)、ジャンゴ125アリュール(チョコレート)は各1色のみです。

価格はジャンゴ125ヘリテイジが、35万9,640円。それ以外のモデルは、37〜38万円台の設定となっています。

 

動画に注目!こんなバイクの乗り方ある?

SPEEDFIGHT

スピードファイトは、プジョーのなかのスポーティシリ―ズ。1997年にデビューした車重120kg の軽量モデルで、ジャンゴ125と比較すると9kg 差となります。

水冷のSmart Motionエンジンを搭載し、最高出力11ps / 7400rpm、最大トルク1.1kg-m / 5600rpmを発揮。

スピードファイト125R-CUPのカラーは、アイシーホワイトのみで、スピードファイト125は、3色展開(フラット6レッド、ピンクゴールド、ディープオーシャンブルー)、価格36万720円です。

 

いつでも頼れるスポーティ仕様の125㏄クラス

CITYSTAR

全高1300mm、全長1985mm、全幅750mm、車重150kgとなり、ジャンゴやスピードファイトと比較すると全体的に存在感のあるモデル。

エンジンは水冷125㏄で、最大出力14.4ps / 9000rpm、最大トルク1.2kg-m / 7000rpm。

人間工学に基づいて作られた広いシートによって走行時の快適性が確保され、さらにヘルメットが2つも入る収納力が確保されています。

シティスター125スマートモーションは、2バルブエンジンで11psとなり価格を抑えたモデル設定。カラーは2色(シャンパンゴールド、パーリーブラック)あり、価格38万1,240円

シティスター125ブラックエディション、シティスター125RS ABS(チタニウム)は、価格39万9,600円となっています。

 

予約は4月21日(土)10:00から、アディバショールームまたはオフィシャルサイトで受注開始です。

納車の可能な時期については、予約順に案内をしています。

 

参考-プジョーオフィシャルサイト
smile

smile

楽しいとおもえる時間や空間が好き。趣味はバイクで自由気ままに走ること。車・映画・音楽・ファッション。色んな視点から走る楽しさを伝えていきたい。