話題のバイクも続々参加!手作り感満載の紳士淑女のミーティング「SHIFT THE RIDE」参加レポート

ネオレトロを中心としたバイクミーティング「SHIFT THE RIDE」が2020年10月18日に開催されました。筆者も参加してきたので、その模様を最速レポートしちゃいます。

 

バイクを眺めているだけでも楽しい

Shift the ride

このイベントはカスタムコンテストがあるわけでもなく、会場内で楽し気な催しが行われることもありません。「何をやるわけではないけどバイクで集まりませんか」とSNSを通じで呼びかけ、それにバイク乗りが賛同したという流れなのです。

当初は「関東でXSR系のミーティングやってみよう」という発案が起源だったのですが、あれよあれよという間に話は広がることに。結果、車種や排気量など一切限定しないオールOKイベントになったのです。数日前からSNS上でカウントダウン告知も行われており、スタート前の方がむしろやけに凝っていた印象でした。

 

Shift the ride

200名の事前申し込みはヤマハのネオレトロ「XSR900」&「XSR700」だけで合計80台を突破。その他の様々なバイクが100台ほどとほぼ予定の台数が集まりました。

当日はあいにくの曇り空でしたが、雨天は避けられました~。前日まで降り続いていた雨を鑑みれば、むしろお天道さんが味方してくれたとすらいえるくらいです。

 

Shift the ride

イベントはXSRシリーズをメインとしながら、カフェレーサー、スクランブラー、トラッカー、ボバー、オールドルックなどなど、ノーマル車から様々なスタイルのカスタム車両までより取り見取り!

 

Shift the ride

SNSから発信されたイベントということもあって、インターネットで話題の車両も数多く来場。知っている車両があればテンションも上がりますよね!オーナーさんも実際に来ているワケだし、呼び止めれば直接お話することも可能ですから!!

 

Shift the ride

XSRシリーズの外装ではもはや日本一メジャーといえるファニーズカスタムサービス川口さんのXSR900を発見。ファニーズとカドヤ提供の景品が当たるプレゼントもありました!

 

地域と参加者が一丸となった手作り感満載のイベント

Shift the ride

ちなみに会場はバイカーに優しい町作りを推奨している大多喜町の山の駅「養老渓谷喜楽里」でした。こうして町ぐるみで場を提供して頂けるのは素晴らしいことですね。しっかりとマナーのある走行を心がけているバイカーがいるからこそ、良好な関係を築けているのでしょう。

 

Shift the ride

筆者は職業柄もあって年中様々なイベントに出没していますけれど、人が多く集まるとどうしても多少は悪い面も目にします……。ですが、SHIFT THE RIDEは違いました。大きな音のバイクは一台もいなかったし、空ぶかしなんて皆無!飲み食いしたゴミを置き散らかしたり、タバコのポイ捨ても一切無し!バイクイベントとは思えないほど紳士淑女の集いでした。これホントにスゴいことですよ。

 

Shift the ride

来場者には記念特典としてステッカーまで進呈!参加費ゼロ円とは思えないですよね……。「自分たちがやりたいからやる&自分たちが作りたいから作る」という主催者の姿勢がヒシヒシと伝わってきます。会場側&手伝ってくれるスタッフさん達の協力はもちろんのこと、みんなが一丸となってイベントを作り上げ、最高の一瞬を実現したのです。

 

Shift the ride

次回の開催も春に検討されているそう。その時までに自慢のバイクで乗り付けられるよう準備をしておくと良いかもしれません。今回ナンディさんはプロトモスピーダで行きましたが、次はスーパーカタナで行こうかなー!!

NANDY小菅

NANDY小菅

各種バイク誌で活躍しているフリーライター。バイクとアニメの探究者で著書に「アニメバイク本」、「ご奉仕大好き! メイド本」など。所有バイクは15台くらい。