販売目標が謙虚すぎる!クラス唯一のスーパースポーツ、スズキ「GSX-R125」に注目すべし!

1月26日に発売が開始されたスズキ「GSX-R125 ABS」。日本国内では125ccクラス唯一のスーパースポーツ・モデルとして大きな反響を呼びました。

そこで今回は、この実にスズキらしいユニークなモデルをご紹介しつつ、ちょっと驚きのスズキ自身の謙虚すぎる販売目標もお伝えしましょう!

 

125ccクラスにもスーパースポーツ!

さて、コチラが今回発表された新型「GSX-R125 ABS」。初心者や若年層が楽しめる”GSX-R”シリーズのエントリーモデルの原付二種スポーツバイクです。

“GSX-R”シリーズの技術を投入した、総排気量124ccの高出力・水冷単気筒DOHCエンジンと軽量でコンパクトな車体により、伸びやかで胸のすくような加速感と、街乗りからワインディングまで、あらゆるシーンにおいて走る楽しさを提供します。

 

“GSX-R”シリーズ共通のフルカウルのスタイリングに、前後17インチの大径ホイールとぺタルブレーキディスクやABSを標準装備。

スタータースイッチを押し続けずにワンプッシュするだけでエンジンが始動する「スズキイージースタートシステム」など、利便性の高い装備も採用しています。

 

「GSX-R125」のディテール

高性能エンジンを搭載!

搭載するのは、スーパースポーツ・モデルに相応しい水冷DOHC4バルブ単気筒エンジン。優れた燃焼効率、スポーティな特性と、高い燃費性能のバランスが自慢です。

ボア×ストロークは62×41.2mmのオーバースクエアデザインを採用。直径24mmの吸気バルブ×2と、直径21mmの排気バルブ×2を配置した燃焼室は、圧縮比を最適化し、力強い加速と高い燃費性能を両立しています。

 

シリンダーには、スズキ独自のSCEM(Suzuki Composite Electrochemical Material)メッキシリンダーを採用。フリクションの低減と、高い放熱性、耐摩耗性、気密性を確保しています。

大型ラジエーターを装備し、高性能エンジンに求められる高い冷却性能を実現しています。

 

最新のシャシーと高機能な足回り!

それを搭載するダイヤモンドフレームは、最適なねじり剛性と軽さを兼ね備え、高い安定性と、コーナリングでの軽快な操作性を両立。装備重量はわずか134kg。ホイールベース1,300mmと785mmのシート高は、日常での取り回しのしやすさと、良好な足つき性を実現しています。

 

フロントフォークを正立タイプとしているのは性能が必要充分だからだと思われます。一方で、コダワリを見せているのはブレーキ。

軽量コンパクトなABSには最新制御ユニットを採用しつつ、スポーティな足回りを印象づけるペタルタイプブレーキディスクを装備。フロント直径290mm、リア直径187mmのディスク径を採用し、優れた制動力を発揮します。

ちなみにホイールはスポーティな外観をもつ10本スポークアルミ製キャストホイール。ダンロップ製D102タイヤを装着し、高い安定性と軽快なハンドリングを両立しています。

 

“GSX-R”らしいボディーワーク

縦型2灯式ヘッドランプにはLEDを採用して軽量コンパクトな仕上がり。ナンバープレートランプにもLEDを採用しています。

風洞実験を重ね作り上げられた滑らかなボディワークは“GSX-R”シリーズに相応しいアグレッシブなルックスと質感が自慢。スラントしたフロントカウルを採用することによりコンパクトにまとめられたシルエットは前面投影面積を減らして空気抵抗を低減しつつリフト量も減らしており、高い安定性と、優れた燃費性能にも貢献しています。

 

実用面も抜かりなし!

ワンプッシュで始動可能なスズキイージースタートシステムに加えて、鍵穴へのいたずらや盗難を抑止する、シャッター付キーシリンダーを装備しています。また、フル液晶ディスプレイを装備し、視認性の高い現代的なコクピットを採用。実用面でも抜かりありません。

 

販売目標が謙虚すぎる!

カラーラインアップは、冒頭に掲載した”トリトンブルーメタリック”と、中程で掲載した”ブリリアントホワイト”、そしてこの”ソリッドブラック”の3色。

しかもスズキらしさ全開なのが、そのお値段!車両本体価格(消費税込み)はなんと、たったの38万6,640円なのです。

しか~し、筆者が最も驚かされたのが、スズキ自身が発表した年間目標販売台数です。これだけの性能とルックス、125ccクラス唯一のスーパースポーツ・モデルという存在感、そしてこのお値段でありながら、その年間目標販売台数は……300台。国内市場が冷え切っていることが伺い知れますね。

鈴菌さん、頑張って購入してください!

 

「GSX-R125」のスペック

  • 全長×全幅×全高:2,000×700×1,070mm
  • ホイールベース:1,300mm
  • シート高:785mm
  • 装備重量:134kg
  • エンジン型式 / 弁方式:水冷4サイクル単気筒 / DOHC・4バルブ
  • 総排気量:124cc
  • ボア×ストローク:62.0×41.2mm
  • 圧縮比:11.0
  • 最高出力:11kW(15PS)/ 10,000rpm
  • 最大トルク:11N・m(1.1kgf・m)/ 8,000rpm

 

参考-スズキ
Reggy

Reggy

オートバイ系雑誌・書籍編集をする傍ら、自転車輸入販売業として起業。得意ジャンルは自転車(子ども車・子ども乗せ・クロスバイク)・オートバイ・自動車・アウトドア。