市街地から冒険を。新型「CRF250L」「CRF250 RALLY」がホンダホームページで先行公開

ホンダが2020年11月13日(金)に発表予定の新型「CRF250L」「CRF250 RALLY」に関する情報を、ホームページで先行公開しました。
ホンダ CRF250Rally

市街地でもオフロードでもさらに走りやすく

ホンダ CRF250L

ホンダ CRF250L<s>

今回、CRF250Lは「On(日常の便利さ)とOff(休日の楽しさ)に磨きをかけた『Evolved※ ON-OFF GEAR』」を開発コンセプトに、市街地での扱いやすさとオフロードでの高い走破性を高次元で両立。また、CRF250 RALLYは「The Dakar Replica週末の冒険者」を開発コンセプトに、風防効果の高い大型ウィンドスクリーンや大型フューエルタンク、異形状ヘッドライトを装備するなどCRF250Lとともにフルモデルチェンジをしました。

 

CRF250LとCRF250 RALLYのエンジンは、エアークリーナーからエキゾースト、マフラーに至る吸排気系の最適化により、低中回転域で力強く粘りある出力特性となっています。また、車体は剛性バランスの最適化と軽量化を図った新設計フレームとし、足回りにはストローク量を伸長(従来モデル比)させ路面追従性を向上させた前後サスペンションを組み合わせるとともに、ブレーキには前・後輪独立した2チャンネルABSを標準装備しました。

 

CRF250Lのデザインは、競技用モトクロスマシン「CRF450R」のアグレッシブなデザインを踏襲し、主体色にエクストリームレッドを採用するとともにオフロードモデルの軽快性を表現する薄型LEDヘッドライトが新たに採用されています。

CRF250 RALLYは、CRF250L同様のエクストリームレッドを主体色にダカールラリーに参戦する「CRF450 RALLY」の持つ冒険心をくすぐるイメージをデザインで表現。以前より好評の個性的なフロントビューを生み出す左右非対称の二眼LEDヘッドライトを踏襲するとともに、今回燃費向上とフューエルタンク容量の拡大によりツーリング性能が向上しています。

 

なお、CRF250L並びにCRF250 RALLYのサスペンションストロークを伸長させた<s>タイプが設定されています。

本田技研工業株式会社

公式サイト

forRide編集部

forRide編集部

バイクをサクッと楽しむショートニュースメディアを発信する「フォーライド編集部」です。 これから乗ろうと思っている人や初心者〜中級者くらいまでの人を大切に、乗り物のある生活や楽しみ方を提案し続けます!