【悲報】ハーレーバイカーの祭典「BLUE SKY HEAVEN」の開催を2021年へ延期

ハーレーダビッドソンジャパン株式会社は、2020年10月3日(土)から4日(日)にかけ新潟県・苗場スキー場にて開催を予定していた、全国のハーレーファンが集うイベント「BLUE SKY HEAVEN 2020」を、2021年初夏へ延期することを決定しました。

1万台のハーレーが集まる一大イベント

ブルースカイヘブンは、最大10,000台規模のハーレーが日本全国から集結する日本最大級のバイカーズイベントであり、2年ぶりの復活を果たすべく、開催地域をはじめ多くの関係者の協力のもと、ハーレーダビットソンジャパンが準備と協議を進めていました。

しかし、緊急事態宣言解除とともに公示された行政によるイベント実施ガイドラインを踏まえ、数多くのライダー が日本中から県を跨ぎ移動することに加え、来場者や出店者、スタッフの健康と安全を最優先した結果、今年10月の開催を見送る決定に至ったといいます。

今後は来場者と開催地域の人々が安心して楽しめる2021年の新生「ブルースカイヘブン」 の復活を目指していくとのこと。また来年の開催に向け、新たな期待を創出し、それを継続し得る企画も検討。詳細は今後、「ブルースカイヘブン」スペシャルサイト等にて順次公開されます。

forRide編集部

forRide編集部

バイクをサクッと楽しむショートニュースメディアを発信する「フォーライド編集部」です。 これから乗ろうと思っている人や初心者〜中級者くらいまでの人を大切に、乗り物のある生活や楽しみ方を提案し続けます!