fbpx

完全に自転車扱いで乗れる仕組みもアリ。glafitが「ハイブリッドバイクGFR-02」を発表

ハードモビリティベンチャーのglafit株式会社から、「ハイブリッドバイクGFR-02」が発表されました。
glafit GFR-02

ハイブリッドバイクがフルモデルチェンジ

2017年5月、Makuakeにて「自転車+バイク=glafitバイク スマートな折り畳み式電動ハイブリッドバイク」のプロジェクトを開始し、応援購入総額1億2800万円超えを当時の支援販売額の日本記録を樹立しました。「ハイブリッドバイク GFR-01」(以下GFR-01)として現在は全国で販売され、多くのユーザーに愛用されています。

3年の時を経て、ユーザーの声を取り入れつつ、総合的なパフォーマンスを向上し、フルモデルチェンジしたのが「ハイブリッドバイクGFR-02」です。

 

ユーザーの声を反映

全国各地でGFR-01を愛用する方に向けて、グループインタビューや、WEBアンケート、オンラインヒアリング調査などを実施してきたglafit。

今回のフルモデルチェンジは、見た目以上にユーザー様の声と真摯に向き合い、安全性、信頼性、使い勝手の向上を目指し、すべてのユニットの見直しを行ったとしています。

 

GFR-01 ユーザーグループインタビューより、ユーザーの改善要望の抜粋

●ミラーサイズを変更してほしい ※特に右ミラーの後方視認性が必要
●クランクのサイズを大型化して欲しい ※自転車状態の走行能力をあげたい
●自走時のパワーを強化して欲しい  ※登坂力をあげたい

 

glafit GFR-02

GFR-01のユーザー登録者向けWEBアンケート調査結果より

こういったユーザーの声に耳を傾けることで、新しいGFR-02が誕生しました。

 

ハイブリッドバイクGFR-02 について

glafit GFR-02

装いも新たな4色展開

・FLASH YELLOW(フラッシュイエロー):閃光のようにまばゆく鮮やかなイエロー
・MATTE BEIGE(マットベージュ):上品でオシャレセンスをくすぐるマットな質感のベージュ
・SHIRAHAMA WHITE(シラハマホワイト):和歌山県にある” 白良浜の真っ白なビーチ”をイメージ
・TIDE BLUE(タイドブルー):潮の満ち引きする深く青い大海原のイメージ

公道走行OK!「自転車」×「バイク」のハイブリッドバイク

glafit GFR-02 glafit GFR-02

GFR-02は、原付第一種として道路運送車両法に合致する保安部品を完備した「自転車」と「バイク」を掛け合わせた、100%電動のハイブリッドバイクです。

 

自転車モードでは自転車と同様、ペダルを漕ぐだけで、バイクモードではスロットルを廻すだけで走行することが可能。また、GFR-01ユーザーの声を反映し、保安部品のひとつであるミラーは、視認性を大幅に改良し、さらに普通自転車にも適合できるよう、カタチが変形するミラーとなっています(意匠/特許出願中)。

 

さらに、ペダル走行時の走行速度の高速化のため、クランク側のチェーンリングの大型化や回転検知式からペダル踏力に応じてモーター駆動に変更するなど、より便利で快適に使えるように改良されています。

 

100%電動、自宅で充電可能

glafit GFR-02

動力はリチウムイオンバッテリーで、100%電動。家庭用のコンセントで充電可能なので、ガソリンスタンドにわざわざ行く時間コストも削減できます。1回の充電は約4時間で電気代は約10円程度、25km走行(仮定)とすれば0.4円/Lとコストパフォーマンスに優れています。

 

折りたたみできてコンパクト

glafit GFR-02

GFR-01の購入動機の1つでもあった折りたたみ機能、しかし「もっと簡単に折りたたみたい」というユーザーの声をもとに、折りたたみしやすさの向上を目的として、ハンドルポストを左折れから右折れに変更されています。

 

また、折りたたみ時に安定して自立できるよう、シートポストの長さの見直しも行い利便性が向上しています。アパートの玄関やベランダなど狭小スペースにも折りたたむことでコンパクトに収納できたり、車のトランクに積むことや輪行なども可能になり、バイクの利用シーンが大幅に広がる機能です。

 

YubiLock(ユビロック)

glafit GFR-02

GFR-01でも好評だったYubiLock(ユビロック)を標準装備。鍵を持たなくても、自分の指がバイクの鍵になります。更に、指を置くだけのワンステップ認識を採用。以前よりも指紋認証の精度が向上しています。

 

BMU(Battery Management Unit)

glafit GFR-02

バッテリーパック内には パナソニック株式会社の提供するUBMC(Universal Battery Management Cloud) サービスに適合する BMU(Battery Management Unit)が搭載されています。

バッテリーパックとクラウドの間のデータのやり取りは、GFR-02用に新規開発したGSC(glafit Smart Connect)モジュールおよび利用者のスマートフォンにインストールされるglafit専用アプリを経由して行われ、正確なバッテリーの電池残量の表示などが可能です。

 

バッテリー内部の状態を細かく監視し、放電充電制御をおこなうなど、様々な使用環境下でもリチウムイオンバッテリーの性能を長く保つことができるようになります。更に今後は、UBMC サービスを利用し「走行可能距離予測値」などのデータが表示されるようになります。

 

また、glafit専用アプリは、YubiLock(ユビロック)での開閉が反応しにくい方でも、アプリでスムーズな電源のON/OFFが可能です。将来的にアプリでキーコードをシェアすることで、バイクのシェアリングも可能になります。

 

後日発売予定の「モビチェン」適合車両

来年初夏を目指し開発を進めている「モビチェン*」の後付けが可能(特許出願中)。
後付け後は、日本初の自転車と電動バイクという2つの車両区分の切り替えが認められる状態になり、「バイクの電源をOFFにし、ナンバープレートを覆った時は道路交通法上、普通自転車」として取扱いされるようになります。

 

電動バイク時は原付第一種、自転車時は普通自転車として、道路交通法において1台の車両が2つの法律上のカテゴリーの切り替えを認められることになります。これは、サンドボックス制度を活用のうえglafitのみが認められた措置になります。

 

GFR-02スペック

glafit GFR-02

 

モデルチェンジ主要一覧

glafit GFR-02

 

12月に特別先行試乗体験会を開催

ハイブリッドバイクGFR-02をいち早く体験できる「特別先行試乗体験会」が、12月に開催されます。

各日12名、合計60名が「特別先行試乗体験会」に招待されます。

※応募多数の場合は抽選。
※当選は招待状の発送をもって発表。

応募期間: 2020年11月25日(水)~2020年12月2日(水)18時まで
抽選日: 2020年12月3日(木)
開催日:【東京会場】12月5日(土)6日(日)7日(月)各日9:30~,11:00~,13:00~,14:30~

【大阪会場】12月12日(土)13日(日)各日9:30~,11:00~,13:00~,14:30~
応募は下記インフォメーションから

GFR-02試乗会応募フォーム

予約ページ

glafit

公式サイト

forRide編集部

バイクをサクッと楽しむショートニュースメディアを発信する「フォーライド編集部」です。 これから乗ろうと思っている人や初心者〜中級者くらいまでの人を大切に、乗り物のある生活や楽しみ方を提案し続けます!