マックにも電動化の波⁉︎ マックデリバリーの宅配バイクに電動3輪「アイディア AAカーゴ」が導入

日本マクドナルド株式会社が、マックデリバリーサービスの3輪バイクに「電動3輪バイク」のテスト導入を2020年5月より開始。6月現在で神奈川県の3店舗で6台の「電動3輪バイク」が「マックデリバリーサービス」の宅配バイクとして稼働しています。

日本発の電動3輪バイクをマクドナルドが採用


今回「マックデリバリーサービス」の宅配バイクとしてテスト導入となったのは、モビリティブランドのaidea社製で走行安定性の高い3輪構造の電動バイクです。電動バイクのテスト導入は、マクドナルドとしての持続可能な社会の実現に向けた活動の一環。環境への配慮と、社会にやさしいモビリティとしての役割を担うとしています。なお、デリバリーサービスを多店舗展開している業界において、電動3輪バイクが使用されるのは今回が国内でも初のケース。6月18日現在で神奈川県の3店舗で6台が稼働しており、7月末には東京都も含め約40店舗にて80台でのテストを予定しています。

 

環境への配慮

ガソリンエンジンのバイクが1年間に排出するCO2の量は1台当たり約1.1tになり、走行時にCO2を排出しない電動バイクは、地球温暖化を抑制し豊かな未来を実現するための第一歩です。(aidea社ホームページより/月間走行距離1,000km、燃費25km/Lと想定)

 

社会にやさしい

電動バイクには、エンジンバイクのように大きな始動音はもちろん、アイドリング中のエンジン音もありません。また、排気ガスを出さず匂いも少ないのが特長です。
マクドナルドでは2010年より「マックデリバリーサービス」を導入しており、マクドナルドの“いつものおいしさ”を自宅やオフィスに“できたてのまま”宅配するサービスとして、ランチからディナーまで幅広いシーンで多くの顧客から好評を得ています。導入時から3輪バイク(ガソリン)を使用し、運転時の安定性・安全性の確保、そして宅配商品への衝撃をできるだけ緩和するように努めてきました。2020年6月現在、約430店舗で「マックデリバリーサービス」が利用可能です。

 

また、このほかにも持続可能な社会の実現に向けた取り組み“ScaleforGood(スケール・フォー・グッド)”の活動を展開しており、その中の「環境負荷軽減」を目指す分野では、店舗照明をLED照明へ順次切り替えたり、一部物流において鉄道輸送へのモーダルシフトや他業種と協業して共同輸送を実施するなど、様々な活動を実施しています。

 

マックデリバリーサービス概要

サービス名:マックデリバリーサービス・対象店舗数:約430店舗・展開地域:30都道府県
(東京都、神奈川県、埼玉県、大阪府、兵庫県、京都府、愛知県、宮城県、広島県、福岡県、沖縄県、愛媛県、鹿児島県、千葉県、熊本県、奈良県、岡山県、佐賀県、滋賀県、大分県、山口県、香川県、静岡県、宮崎県、三重県、群馬県、新潟県、長野県、高知県、北海道)
※記載エリア内の一部地域
利用条件:1500円(税込)以上のご購入+デリバリー料300円(税込)※7時00分~10時30分の朝マック時間帯は1,000円以上
特長:マクドナルドのスタッフが“いつものおいしさ”をご自宅やオフィスに“できたてのまま”直接お届け・注文方法:アプリ、Web、電話
2020年6月18日現在
マクドナルド

公式サイト

aidea

公式サイト

forRide編集部

forRide編集部

乗り物(Ride)を軸としたライフスタイル提案型の情報を発信する「フォーライド編集部」です。 乗り物のある生活、楽しみ方を提案し続けます!