新型マルニ!BMWの名車「2002ターボ」が現行モデル「M2」をベースに蘇る

ここ数年、BMWは過去の名車へのオマージュとなるコンセプトカーを作っていますが、今年も名車オマージュのコンセプトカーを作成し、イタリアで開催されたクラシックカーの祭典、「コンコルソ・デレガンツァ・ヴィラ・デステ」で発表しました。今回のオマージュとなったのは、「2002ターボ」です。

BMW 「2002オマージュ」

今回発表されたBMW 「2002オマージュ」は、名前からもわかる通り、現行モデル「M2」をベースに、BMWの名車「2002ターボ」に敬意を表し作られたモデル。

「2002ターボ」のイメージを反映させ、低い車高、ロングホイールベース、ショートオーバーハング、シャークノーズに加え、スポイラーや大型エアインテークなどが採用され、スポーティな印象を持ったデザインが特徴的です。

“obrut”の文字までも忠実に再現

デザインだけでなく、カラーリングもオリジナルの「2002ターボ」と同じように3色のMカラーが配色され、”obrut”の文字(前方を走るドライバーがミラーで確認できるように”turbo”の文字を反転させている)までもが再現されている。

これまでに発表されたオマージュカーもそうだったが、「2002オマージュ」もデザインに焦点が当てられているのみで、スペックに関しては発表されていない。ただ、オマージュとされている「2002ターボ」の性質上、ターボチャージャー付きエンジンは搭載されていることだろう。

BMW 「2002ターボ」

BMW「2002ターボ」は、1973年に登場し、量産車としては世界で初めてターボチャージャーを搭載したセダン。ノーマルのままオーバーフェンダーがスポーティーな雰囲気をかもし出しています。日本では「マルニ」の愛称で呼ばれていました。

それでは「2002オマージュ」と「2002ターボ」が競演する動画をご覧下さい。

いかがだったでしょうか。現代的なBMWをベースに、過去の名車から影響されたスタイルに仕上げたコンセプトカー「2002オマージュ」。「オマージュ」の名前がついたコンセプトは今回の「BMW 2002オマージュ」で3台目となります。

今後もこうした過去の名車を意識したモデルが公開されたり、将来的な市販モデルのデザインに過去の名車のデザインが部分的に反映されていったりするのかもしれませんね。

参考 – Youtube : BMW 2002 Hommage – World Premiere – YouTubegizmag

K.Y

K.Y

スーパーカーやバイクなどの乗り物と音楽と洋服が好きなガテン系中年ライター。どんなものでも中身はハイテク外見はローテクが理想のカタチである。