EVスポーツカー「トミーカイラZZ」の試乗がスーパーオートバックス東雲で可能に!

EVスポーツカー「トミーカイラZZ」とは約20年前に作られたスポーツカー「トミーカイラZZ」のコンセプトを引き継ぎつつも、 EVメーカー「GLM」が車体・パワートレインなどを刷新し、新しい車両として蘇らせた電気駆動車だ。

GLMについておさらい

GLM株式会社とは、京都大学発EVベンチャーとして2010年に設立した自動車メーカー。持続可能な「カーボンゼロ社会」「循環型社会」の実現を目指した、電気自動車の開発・販売プロジェクトが発端となっている。環境対応自動車の早期普及を目的とし、複数の提携企業の協力のもと、ファブレスモデルによる市販車の開発製造を行っており、2014年には、京都の生んだスポーツカー「トミーカイラZZ」をEVとして復活。国産初の量産EVスポーツカーとして販売を開始している。

軽量FRPボディと圧倒的な加速力

高剛性アルミフレームと軽量FRPボディにより850㎏という超軽量な車体に、強力な専用設計モーターを搭載し、圧倒的な加速力(0-100km/h 3.9秒)とキレのあるハンドリングを実現しているという。

車両価格は800万円だが”最大85万円の補助”も受けられる

車両本体価格800万円(税抜)と、スポーツカーらしくお高めだが、クリーンエネルギー自動車等導入促進対策費補助事業(CEV補助金)の対象車種であり、最大85万円の補助も受けられという。

スーパーオートバックス東京ベイ東雲店で試乗が可能に

この「トミーカイラZZ」は、GLMのウェブサイトを通じた販売のみだったが、2015年12月17日に発表されたGLMとオートバックスセブンとの業務提携により、2016年1月18日からはGLMのウェブサイトに加え、スーパーオートバックス東京ベイ東雲店(東京都江東区)においても試乗、見積、販売されることになった。

今までトミーカイラZZは気になっていたけど、気軽に試乗ができなかった…という方には、もってこいの話である。興味がある方はスーパーオートバックス東京ベイ東雲店を訪れてみてはいかがだろう。新たな世界が広がるかもしれないぞ。

<Tommykaira ZZ>

全長×全幅×全高:3,865×1,735×1,140mm

ホイールベース:2,370mm

車両重量:850kg

最高出力:225kw(305馬力)

0-100km/h:加速 3.9秒

航続可能距離:120km

カラー:ホワイト、ブラック、イエロー、レッド、シルバー、ガンメタ

価格:800万円(税抜・諸費用別)

参考 –  株式会社オートバックスセブン

K.Y

K.Y

スーパーカーやバイクなどの乗り物と音楽と洋服が好きなガテン系中年ライター。どんなものでも中身はハイテク外見はローテクが理想のカタチである。