ホンダの名車「アフリカ・ツイン」がついに復活だ!

ホンダ「Africa Twin(アフリカ・ツイン)」といえば、当時のホンダがパリ・ダカールラリーで連勝していたことから開発されたもので、ラリーに出場した車両であるNXR750のイメージレプリカモデルとして開発した経緯から、かなりオフロード色の強いビッグバイクであり、快適なツアラーとしても人気の高い車種である。

1999年に惜しまれつつも生産終了したアフリカ・ツインですが、なんと、2015年中に欧州にて発売するとの朗報が舞い込んで参りました。

初代アフリカ・ツイン「XRV650 Africa Twin」

ホンダの名車「アフリカ・ツイン」がついに復活だ!

初代のアフリカ・ツインは、ホンダがパリ・ダカールラリーで3連覇を達成した1988年に、「XRV650 Africa Twin」としてデビュー。オンロードはもちろん、オフロードでの耐久性にも優れ、さらに高い操縦安定性によって一日中快適に走行できるアドベンチャーモデルとして、世界中で人気を集めました。

新型アフリカ・ツイン「CRF1000L Africa Twin」

ホンダの名車「アフリカ・ツイン」がついに復活だ!

CRF1000L Africa Twinは、2014年11月のEICMA2014(ミラノショー)に出展した「True Adventure プロトタイプ」で示した方向性を製品化したモデルとなります。

新型のAfrica Twinには、歴代モデルの優れた特性に加え、チーム・エイチアールシー(Team HRC)のダカールラリー復帰などによって得たノウハウを投入するなど、ホンダがこの10年間で開発に取り組んできたオンロード・オフロードモデルにおける多くの技術が採用されています。

さらに、同カテゴリーで初(ホンダ調べ : 2015年5月現在)となる、新開発のデュアル・クラッチ・トランスミッション(DCT)モデルも設定しており、まさにAfrica Twinの名にふさわしい、オフロードで優れた性能を発揮できる仕様となっています。

「CRF1000L Africa Twin」は、オンロード、オフロード双方で高い走行性能を持つ大排気量のアドベンチャーモデルとして、ホンダの新しい「True Adventure : 真の冒険」の歴史を切り開くデュアルパーパスモデルとなります。

すでに名車の風格を見せる新型アフリカ・ツインから、今後も目が離せません!

【関連記事】

えっ?あのバイク用品で有名な「クシタニ」がパン屋さんを新展開!?

今YAMAHAがアツい!今年流行るのはスポーティテイストのBOLT-C!?

カワサキが650ccのバルカン「VULCAN S」を発売!

1日で世界一過酷なモータースポーツ「ダカール・ラリー」を体感できるイベントが開催

荒川静香さんと行く「湘南ゆったりツーリング」が開催決定!

参考 – 本田技研工業株式会社

画像 –  Honda Worldwide : Motorcycles、wikipedia : Motophil

forRide編集部

forRide編集部

乗り物(Ride)を軸としたライフスタイル提案型の情報を発信する「フォーライド編集部」です。 乗り物のある生活、楽しみ方を提案し続けます!