【東京モーターショー2017】デカい「モンキー125」と「スーパーカブ125」など東京モーターショーのホンダブースは原付が充実!

さて、東京モーターショーでホンダが発表したモデルのなかから、今度は原付を中心にご紹介して行きます。

カブ&モンキーのコンセプトモデルが世界初披露!東京モーターショーのホンダ二輪はコレに注目!

ホンダが事前に「モンキー125」&「スーパーカブ125」を発表していましたから、楽しみにしていた方も少なくないことと思います。

「モンキー125」はデカい!

さてさて、まずは大きく育ったモンキーから。50周年アニバーサリーモデルで幕を閉じることとなったホンダが世界に誇るレジャーバイク「モンキー」。今回世界初公開された「モンキー125」は、その後継モデルです。Honda二輪のアソビゴコロを象徴する、バイクらしい魅力とモダナイズされたデザインのレジャーモデルです。

残念ながら今回の出展では”市販予定モデル”ではなく”コンセプトモデル”扱いでした。大きくなったエンジン&車体へのユーザーからの評価を見てから決めよう、ということなのでしょう。

ショート&トールボディーによるモンキーならではのバランス、ワディングシートなどで構成されたデフォルメ感ある車体に総排気量125ccの空冷水平単気筒エンジンを搭載しています。フロント倒立サスペンションや前後のディスクブレーキ、スチール製フェンダーなど、本格バイクの質感を持たせつつ、気軽にトコトコ走れる親しみやすい雰囲気を持つ独自の魅力を演出しています。

また、LED灯火器や、楽しさをさらに演出するグラフィックのデジタルメーターなどによりモダンなイメージを融合し、モンキーの新たな魅力を追求しています。

車体寸法は公表されておりまして、全長:1,713mm×全幅:753mm×全高:1,030mmです。これは全長:1,750mm×全幅:730mm×全高:1,000mmの「グロム」とほぼ同等。サイズ感がお分かりいただけると思います。

ということで、エンジンはモデル名が示す通り、125ccとされています。コレは誰しもが予想がつくことでしょうが「グロム」用の横型エンジンの流用ということでしょう。エンジン下の大きな触媒が苦心の作であることを忍ばせます。

125ccとなることで、当然最高速も30km / h規制から解放されるわけで、その対応して車体を大きくせざるを得ない……難しいのですね。

ホイールサイズは「グロム」と同じで前後12インチ。ホイールとニッシン製キャリパー、倒立式のフロントフォークも「グロム」用ではないかと想像されます。

ブロックパターンのタイヤはモンキー的で好ましい印象です。

LED灯火類が採用されており、フロントフェンダーは「モンキー」らしさを醸し出すアップタイプをセレクト。しかもメッキですね!

マフラーも「モンキー」の名を受け継ぐ者として、やはりアップタイプ。同様に、リア2本ショックとされています。

この辺りの仕上げは、もはや様式美。50年間続いたモデルの後継ですから、それなりに先代に敬意を払っているわけです。

ということで、世界初公開された「モンキー125」は、大きくなっていました!諸事情を考慮すればアリでしょ、と筆者は思います。

「スーパーカブ125」は市販化してほしい!

続いては、同じく世界初公開された「スーパーカブ125」。

初代スーパーカブ(C100)が持つオシャレでモダンかつ機能的なパーソナルコミューターとしての魅力を受け継ぎ進化させたモデルとして開発されています。

スマートキー、電動シートオープナー、液晶と指針を組み合わせたスピードメーターの採用により、最新コミューターとしての装備も充実させています。コレは「モンキー125」と共に、是非市販化してほしいですね!その際には是非、スポークホイールでお願いしたいところです。

「Super Cub 110」1億台記念車を始め、カブだらけのホンダブース!

世界生産累計台数1億台達成に加え、2018年には誕生60周年を迎えるスーパーカブを記念して、東京モーターショー用に特別製作したモデルだそうです。カラーリングは1971年鈴鹿製作所二輪車生産累計1,000万台達成記念時につくられたスーパーカブのゴールドモデルの色調を現代的にアレンジしています。

実車の美しいペイントをお見せしたく、広報写真でのご紹介とします。

立体エンブレムの採用など、せっかくお目出たいモデルなのに、何故に市販してくれないのでしょうか?

待ってました!110ccの「クロスカブ」に新型50cc「スーパーカブ」!

他にも、市販予定モデルとして「クロスカブ」が登場!全長:1,935mm×全幅:795mm×全高:1,090mm、エンジンは空冷4ストロークSOHC単気筒、総排気量は109ccです。

LEDヘッドライトや専用ヘッドライトガード、スチール製フロントフェンダー、前後ブラックリムと、新パターンの太目なタイヤの採用などにより、タフなイメージを強調したレジャー志向の仕様とされています。新形状アップハンドルなどによるアップライトなライディングポジションとすることで、より見通しの良い視界を確保。

シートは厚めの専用デザインとし、長距離でも快適な乗り心地を提供します。

コレが市販予定モデルというのが嬉しいですね!

そして定番中の定番、「スーパーカブ50」と……

「スーパーカブ110」も登場しました!

ハイブリッドのバイクも登場!

また、世界初公開となる「PCX HYBRID」が、なんと市販予定モデルとして展示されました!これは後日、「PCX ELECTRIC」と合わせてご紹介しましょう。

ということで、東京モーターショーのホンダブースはサプライズが一杯でした。ここでは敢えて書きませんが、ホンダブースには、カブ好きには堪らない展示がありましたよ。カブ好きの方は是非、会場に足を運んでみてくださいね!

参考-ホンダ
Reggy

Reggy

オートバイ系雑誌・書籍編集をする傍ら、自転車輸入販売業として起業。得意ジャンルは自転車(子ども車・子ども乗せ・クロスバイク)・オートバイ・自動車・アウトドア。