ピーナッツ?むし?なんだ…このカタツムリ電動バイクは!?

昨今の二輪業界における電動バイクは、大手二輪メーカーから若手ベンチャーまで世界各国の企業が参戦し、激しい開発競争が繰り広げられています。

今回はオーストリアにあるJOHAMMER社が制作した「Johammer J1」という、かなり風変わりな電動バイクをご紹介いたします。

初見のインパクトが強すぎる「Johammer J1」

ピーナッツ?むし?なんだ…このカタツムリ電動バイクは!?

専門家兼CEOのJohann Hammerschmid氏を中心としたチームが開発したこちらの電動バイクは、ボディの中はモーターとバッテリーが入っており、ピーナッツのような、カタツムリのような、なんとも独創的なボディデザインが特徴的すぎます。

しかしなぜこのようなカタチになったのでしょうか。

「Johammer J1」の特徴

ピーナッツ?むし?なんだ…このカタツムリ電動バイクは!?

まず、特筆すべき点はフロントがハブ・ステアリングだということ。

ピーナッツ?むし?なんだ…このカタツムリ電動バイクは!?

リアホイールは片持ちです。

ピーナッツ?むし?なんだ…このカタツムリ電動バイクは!?

リアのディスクローター側に回ってみると、ごっついフィンが!

ピーナッツ?むし?なんだ…このカタツムリ電動バイクは!?

ステアリングダンパー部分も剛性に優れた作りとなっています。

ピーナッツ?むし?なんだ…このカタツムリ電動バイクは!?

なぜかイボイボのシート。おそらく滑り止めの機能でしょう。

ピーナッツ?むし?なんだ…このカタツムリ電動バイクは!?

通常のステップ位置は、ややバック気味ですが、ハイウェイペグもあるのでゆったりとクルーズ・ポジションでの走行も可能。

ピーナッツ?むし?なんだ…このカタツムリ電動バイクは!?

ボトムズのようなヘッドライト…。

ピーナッツ?むし?なんだ…このカタツムリ電動バイクは!?

リアの灯火類はブラックレンズで統一されています。

ピーナッツ?むし?なんだ…このカタツムリ電動バイクは!?

この機能はすばらしい! ミラーにメーター機能が埋め込まれています。

ざっとご紹介いたしましたが、とにかく独創的!

最高速度は120km/hで、1回の充電での航続距離は「J1.150」で150km、「J1.200」で200kmとなっています。

なお、搭載されているリチュウムイオン電池を8割充電するまでにかかる時間は「J1.150」で2.5時間、「J1.200」で3.5時間。

購入から最初の5年か10万kmの走行距離までは、80%の性能が保証されています。

気になる走行動画もあります

やはり電動バイクなので、「ヒューン」というエンジン音(モーター音)。

二輪車において、音も気分が高揚する重要な要素の一つだという意見もありますが、静音性に優れているので良いのではないかと思います。

気になる価格は「J1.150」で約310万円、「J1.200」で340万円となっています。

とにかく前衛的なバイクに乗りたかったんだ!という方、購入してみてはいかがでしょうか。

【関連記事】

「ここで二手に分かれよう」2台のバイクに分割するクルマ”Lane Splitter”

エンジン不在!? 収納スペースだらけのコンセプトバイク!

楽器デザイナーがバイクを作るとこうなる!【プロジェクト アーメイ(前編)】

バイクデザイナーが楽器を作るとこうなる!【プロジェクト アーメイ(後編)】

ハーレーカスタム界のパイオニア!アーレン・ネスが2分で学べる!!

参考 – JOHAMMER

K.Y

K.Y

スーパーカーやバイクなどの乗り物と音楽と洋服が好きなガテン系中年ライター。どんなものでも中身はハイテク外見はローテクが理想のカタチである。