熊本のバイカーシーンを下支えする最重要ショップはここだ!

“火の国”熊本に生まれ、”火の国”熊本で育ち、「洋服屋」を夢見た少年は、やがて全国に名を轟かせる存在へと成長した。

現在、熊本のヴィンテージ・ハーレー・シーン、バイカー・アパレル・シーンを牽引する、「ザ・キングス・パフォーマンス」の義間 豪一郎 氏だ。

また、熊本のメインストリートでもアパレル・ショップを3店舗運営し、自身の夢を具現化した彼が創り上げた世界観とは?

熊本のカルチャーシーンを牽引する最重要ショップ

アパレルとモーターサイクルを軸とした世界観創り

THE KINGS PERFORMANCE / 義間 豪一郎 氏

THE KINGS PERFORMANCE / 義間 豪一郎 氏

地域性なのか、気性の荒いイメージが強い熊本。この熊本で生まれ育ち、このストリートで育ってきた義間氏 。幼いころから洋服へ興味を持ち、アパレルショップの夢を実現すべく、16歳から古着屋で働き始めたという 。

また、アメリカから仕入れたヴィンテージ・アパレルを取り扱う職業がら、アメリカンカルチャーへの造詣も深めていった義間氏は、当然のようにアメリカのバイクカルチャーにものめり込んでいった。そして、18歳の時には初のハーレーであるショベルヘッドを購入したのである。

仕事が軌道に乗り出した 6年後の24歳の時にはナックル・ヘッドを購入し 、 魅力深きヴィンテージの世界に、さらに足を踏み入れていった。

現在では、熊本のメインストリートに「KINGS」「QUEENS」「JACK4」という3店舗のアパレルショップを運営している敏腕である。

更にガレージまでも所有!

熊本のバイカーファッションを下支えする最重要ショップはここだ!

熊本のバイカーファッションを下支えする最重要ショップはここだ!

数多くのヴィンテージ・チョッパーを所持している氏は、自らのガレージでもある「ザ・キングス・パフォーマンス」もオープンさせている。

アパレルショップ3店舗のオーナーでありながら、他業界であるガレージも開業する氏は、アパレルとモーターサイクルを軸に熊本のバイカーシーンを牽引し続けている。

【関連記事】

ビルダー兼プロスケーターのマックス・シャーフがガレージ作業する貴重な映像

ガレージをLED電球にして雰囲気アップ&節電効果!

モーターカルチャーと寄り添い生きるクラフトマン特集【前編】

ハーレー乗りの夫婦が手掛けるこだわりのカフェ&ダイナー「リックス」

モーターカルチャーの発信地としても注目される「US」の魅力【三軒茶屋店編】

参考 – KINGS 4% MC

BENTENKOZOU

BENTENKOZOU

モーター・カルチャーを軸にしたストリート・シーンを撮影する写真家。そして、人生を趣味のバイク/サーフィン/入れ墨に捧げる自由人。