「GSX-R」のDNAを受け継ぐネイキッド!ストリートで楽しめるスズキ「GSX-S125 ABS」が登場!

スーパースポーツのDNAを受け継ぐスズキ「GSX-S125 ABS」。スズキのスーパースポーツ・モデル「GSX-R」のエンジンとコンポートネントを継承、最新のテクノロジーが投入されています。

スズキの小排気量ネイキッドと言えば……

まさかの国内販売!スズキ「ジクサー」は”日常の足”を越えた150ccのファンバイク!

今回発売が発表された「GSX-S125 ABS」の兄貴分、150ccバージョン=軽二輪の「ジクサー」が国内販売されたことも、当サイトではお伝えしています。

今回は、この秋より国内販売が開始される、ストリートでのエキサイティングな走りのために生まれたネイキッド「GSX-S125 ABS」をご紹介しましょう!

スズキ「GSX-S125 ABS」の概要

さてさて、コチラが目出度く、国内販売が発表された「GSX-S125 ABS」。

アグレッシブなスタイリングや高出力エンジンを特徴とするストリートスポーツバイク「GSX‐S」シリーズに追加された、125ccの新型モデルです。

国内メーカー唯一の125ccスーパースポーツ!スズキ「GSX-R125 ABS」の動画が公開!

今更ながらですが、本モデルは125ccクラス唯一とも言えるスーパースポーツ・モデル「GSX-R125 ABS」のネイキッド版。

ベースとされた「GSX-R125 ABS」は当サイトでもご紹介していますね。

高出力の総排気量124ccのエンジンと軽量でコンパクトな車体は、力強い加速と扱いやすさを実現。「GSX‐S」シリーズ共通イメージの低く構えたアグレッシブなスタイリングを採用しています。

前後17インチホイールとぺタルブレーキディスクを装備しており、スズキの国内125ccモデルに初採用となるABSを標準装備しています。

ワンアクション式シャッター付ステアリングロックや、スタータースイッチを押し続けずにワンプッシュするだけでエンジンが始動する「スズキイージースタートシステム」など、利便性の高い装備を採用しています。

「GSX-S125 ABS」のディテール

最大の注目は何と言っても「GSX-R125」譲りのハイパフォーマンス・エンジンにあります。総排気量124ccの水冷4ストローク単気筒DOHC4バルブエンジンを搭載しています!

エキゾーストシステムは、排気口の2つの直径が異なるデュアルテールエンドマフラーを採用。スポーティで特徴的な外観だけでなく、上質な排気音を実現しています。

「GSX‐R」シリーズの解析技術を用いた燃焼室の最適化や、吸気効率の向上、燃料噴射の最適化などにより、最高出力11kW / 10,000rpm、最大トルク11N・m / 8,000rpmの出力性能と48.2km / Lの燃費性能を実現。

同排気量の他社モデル達と比較して、圧倒的なハイパフォーマンスです。

6つのセンサーを搭載したインジェクションシステムを採用。様々なライディングコンディションで最適な制御を実現し、パワフルさと高い燃費性能を両立しています。

4穴のインジェクターは、2つの吸気バルブに向けて噴射して、吸気効率を向上させています。

一方の車体回りも、これまた「GSX-R125」譲りの適切な仕上がりです。

同クラスの「GROM」と「Z125 Pro」と比較してみますと……

ホイールベースは、「GROM」1,200mm、「Z125 Pro」1,175mmに対して、「GSX-S125 ABS」は1,300mm。

車両重量は、「GROM」104kg、「Z125 Pro」102kgに対して、「GSX-S125 ABS」は133kgです。

さらに!ブレーキにはぺタルディスクを装備しています。ディスク径は、フロントが290mm、リヤは187mm。前後ホイールにはアルミ製を奢っています。

またモデル名にある通り、ABSを標準装備しているのも、エントリーユーザーには嬉しいことでしょう。

スズキらしく実用性にも一切の抜かりはありません!例えば、鍵穴へのいたずらや盗難を抑止する、シャッター付キーシリンダーを装備し、鍵穴をしっかりガードます。
メインキーに付属する専用マグネットを使用しワンプッシュでシャッターを開け、シャッターレバーを押すとシャッターが閉じる。これにより、手袋を着用しても簡単に開閉することが可能です。

フル液晶ディスプレイを用いた軽量な多機能インストゥルメントパネルを採用。スピードメーター、タコメーター、オドメーター、デュアルトリップメーター、ギアポジションインジケーター、平均燃費計、オイルチェンジインジケーター、燃料計、時計を表示します。
ディスプレイ横には、ターンシグナルインジケーター、ニュートラルインジケーター、ハイビームインジケーター、エンジン警告灯、水温警告灯、ABS警告灯、エンジンRPMインジケーターが配置されています。

さらに、さらに!ワンプッシュで始動可能なスズキイージースタートシステムを装備。スタートボタンを押すと一定時間スターターモーターが回転。ECM(Engine Control Module)が始動状況を認識してスターターモーターを止めます。

スズキ「GSX-S125 ABS」のカラーラインアップ

さて、ハイパフォーマンスと実用性、アグレッシブなエクステリアを有する魅力的な本モデル。カラーラインアップは、ここまでに掲載した”トリトンブルーメタリック(YSF)”と、この”ソリッドブラック(半ツヤ)(291)”の2色となります。

スズキ「GSX-S125 ABS」の発売日と価格は?

いかがでしたでしょうか?激戦区250ccクラスをスルーしてまで投入が予定されている「GSX-R125」のネイキッド版「GSX-S125」。実に魅力的でスズキ的な1台となっています。

その発売日は、10月11日と発表されています。

そして大切な車両本体価格(消費税込み)は……35万4,240円。これ程の出来でこのお値段。スズキさんの実力が発揮されています!これは欲しい方が多いのではないでしょうか?

スズキ「GSX-S125 ABS」のディテール

  • 全長×全幅×全高:2,000×745×1,035mm
  • 軸距:1,300mm
  • シート高:785mm
  • 車両重量:133kg
  • エンジン:水冷4ストローク単気筒 / DOHC 4バルブ
  • 総排気量:124cc
  • ボア×ストローク:62.0×41.2mm
  • 圧縮比:11.0
  • 最高出力:11kW〈15PS〉/ 10,000rpm
  • 最大トルク:11N・m〈1.1kgf・m〉/ 8,000rpm

参考-スズキ
Reggy

Reggy

オートバイ系雑誌・書籍編集をする傍ら、自転車輸入販売業として起業。得意ジャンルは自転車(子ども車・子ども乗せ・クロスバイク)・オートバイ・自動車・アウトドア。