「ローマの休日」で世界的に人気を得た「フェンダーライト」を2分で学ぶ!

「東京モーターショー2016」の会場内に、べスパが展示されていた。それもただのべスパではない。世にも貴重な「フェンダーライト」モデルである。それもワイヤーチェンジモデルではなく、さらに稀少なロッドチェンジモデルではないか。この稀少なべスパが素通りされないためにも、今回は「フェンダーライト」について語ってみようと思う。

オードリー・ヘップバーン演じるアン王女の乗ったあのベスパ

べスパと言って多くの方が連想するのはベスピーノであろうと以前にも書いた気がするが、映画ファンが連想するのはこのフェンダーライトモデルであろう。それもそのハズ、この「フェンダーライト」こそが、映画『ローマの休日』の劇中車として起用され、かのオードリー・ヘップバーンが演じるアン王女の乗ったあのベスパだからだ。

フェンダーライトは愛称であって正式名ではない

ベスパの名を世界的に広めた立役者こそが映画『ローマの休日』であり、主役の2人が乗り回していたべスパこそが、この「フェンダーライト」=べスパ「125」というモデルだ。

見た目の大きな特徴はヘッドライトがフロントフェンダー上に乗せられていることにある。この特徴を指して日本では「フェンダーライト」といった愛称が定着しているが、あくまでも愛称であって正式なモデル名ではない。フェンダー上にヘッドライトを設置していたモデルは、1946年から1957年までの期間に作られたが、この間にも数多くのモデルが生産されているのだ。

「フェンダーライト」の初期のモデル名は「98」

1946年に作られた「フェンダーライト」のモデル名は「98」だ。名称の由来はエンジンの排気量が98ccだったからという至極単純だが、正式名称でもある。

1948年からは正式名称も「125」に変更

1948年からは125ccエンジンに変更され、正式名称も「125」となる。シフトチェンジ方式はロッドチェンジだ。展示されていた車輛が、まさにこの「125」となる。最も特徴的な部位は、やはりこのロッド部分だろう。同じ「125」でも、「ロッドチェンジモデル」と「ワイヤーチェンジモデル」とでは、その価値にかなりの差が生じてしまうのだ。

ワイヤーチェンジモデルの「フェンダーライト」こそ劇中車!

1950年からはワイヤーチェンジに変更され、一般的なべスパの原型となった。この年代のワイヤーチェンジモデルの「フェンダーライト」こそが、映画『ローマの休日』の劇中車として用いられ、べスパの名前を世界的に知らしめたモデルとなる。ただし、上写真の「125」は1953〜1957年に作られたモデルなので、厳密に言えば『ローマの休日』に使われたモデルとは異なる。映画に使われたモデルについては諸説あるのだが、1950〜1951年の「125」と言われている。

「フェンダーライト」は11年間で100万台以上の大ヒット車種

「フェンダーライト」が作られた期間は11年間で、その間に100万台以上の大ヒットロングセラー車種となった。もちろん、『ローマの休日』の後押しもあったにしろ、それだけ優れたスペックを秘めたスクーターだったということだったのだろう。

それにしても、オードリーヘップバーンは実にべスパ「125」が似合っていた。もう一度、映画の中で活躍するべスパの姿が見たいものである。

画像 – Flickr : luca savettiere、 A G O、 PROpilot_micha

センカクダイバー

センカクダイバー

悲運の元パチンコ・パチスロライター。ベスパ歴27年、ミニクーパー歴2年のモッズ系猛禽類。旧車を好むクセに機械イジりや整備はサッパリというご都合主義者。