ヤマハYZシリーズ2016モデルに2ストの「YZ250X」が新ラインナップ!

ヤマハ発動機は、オフロード競技専用モデルである「YZ シリーズ」の2016年モデル発売にあわせて、2ストローク・エンジンの「YZ250X」を新たにラインナップ しました。

「YZ シリーズ」に2016年モデル登場

YAMAHAエンデューロ用モデルに2スト「YZ250X」がラインナップ!

こちらはYZ450F

4ストロークの「YZ450F」や「YZ250F」は、ビッグマイナーチェンジが行われ、エンジン・車体関連に新たな仕様を織り込み、さらに戦闘力がアップしました。

YAMAHAエンデューロ用モデルに2スト「YZ250X」がラインナップ!

YZ250F 60周年記念カラー

また、「YZ250F」には、ヤマハ創業60周年の記念カラーを設定。イエローベースに、ブラックのスピードブロックパターンを配したデザインで、AMAモトクロスシーンを彷彿させる「これぞヤマハ!」といった雰囲気。

何よりホットなのは「YZ250X」

YAMAHAエンデューロ用モデルに2スト「YZ250X」がラインナップ!

2ストローク・エンジンを搭載する「YZ250」「YZ125」「YZ85LW」「YZ85」は、いずれもグラフィック変更のみですが、何よりホット・トピックなのが、「YZ250」ベースのエンデューロマシン、「YZ250X」が新しくラインナップされたことでしょう。

「YZ250X」の主な特徴

コンセプトは「Real cross-country machine」で、エンデューロ用に開発された一台となっています。

YZ250ベースのため、水冷2ストローク250cc エンジンとアルミ製フレームのプラットフォームはそのままに、性能パーツのポテンシャルをエンデューロ向けに最適化されています。YZ250との主な違いとしては、燃焼室形状、排気ポートタイミング・YPVS作動特性などの変更、専用CDIユニット、専用設計チャンバー、サイドスタンド、エンデューロ用18インチリアタイヤ、エンデューロ仕様の前後サスペンション・セッティングなどとなっております。

なお、価格は70万6,320円(税込)。

YZ250Xを含むYZシリーズの2016年モデルは、「ヤマハオフロードコンペティションモデル正規取扱店」で2015年6月5日から11月10日(「YZ250F」60周年記念カラーモデルのみ6月5日から7月末日)の期間限定で予約の受付を行っており、4ストのYZ シリーズ2016年モデルは、8月20日から順次販売開始となります。

レースモデルだから公道仕様不可とはいえ、逆輸入して云々…、という変な考えはおこさないように!

【関連記事】

ホンダの名車「アフリカ・ツイン」がついに復活だ!

ヤマハ「SEROW250」ユーザー必見!みんなで作るセロー30周年記念動画

スペインのオフロードバイクメーカー「ガスガス」が破産を申請!

マッドマックス最新作に登場するバイクもやっぱりイカれててイカしてる!

おっさんライダーの7割が自覚!昔のようには運転できない…

参考 – ヤマハ発動機、Youtube : The New 2016 YZ250X Walk-Around.

K.Y

K.Y

スーパーカーやバイクなどの乗り物と音楽と洋服が好きなガテン系中年ライター。どんなものでも中身はハイテク外見はローテクが理想のカタチである。