BMWとトヨタとの初合作!新型BMW Z4はスープラのオープンカーなのか!?

今年5月にトヨタが発売した新型スープラに注目が集まっていますが、同じプラットフォームとエンジンを搭載した新型BMW Z4も欠かせません。新型BMW Z4には新型スープラにはない新型BMW Z4の良さとはどういったところでしょうか。

 

BMW初のトヨタとの合作、新型BMW Z4!トヨタスープラのロードスターモデル?

今年3月に発売された第3代目Z4は60年以上の歴史をもつBMWのロードスターモデルの最新モデル。

BMWが初めてトヨタと共同開発したことで作り出され、しかもトヨタの名車スープラの復刻モデルとエンジン、プラットフォームを共有する姉妹車です。

新型Z4と新型スープラは、BMWとトヨタ両メーカーにとって歴史上新たな1ページとなるを印象的なモデルになることは間違いないでしょう。

 

2台が姉妹車という関係性なら、外観はちがえどもZ4はスープラのロードスターモデルになるかというと、決してそんなことありません。

Z4はBMW独自のテクノロジーがギュッと凝縮された1台です。

日本人としてはどうしても新型スープラに気を取られがちですが、ここではあえて新型Z4に注目してみましょう。

 

新型BMW Z4の4気筒エンジン搭載モデル

BMW・Z4 sDrive20iスポーツ

4気筒エンジン搭載モデルは、スープラSZ / SZ-Rと同じエンジンを搭載しており、「sDrive20i」、「sDrive20iスポーツ」、「sDrive20i Mスポーツ」の3グレードを設定し、価格は566~665万円。

スタンダードグレードのsDrive20iは17インチホイールに対し、sDrive20iスポーツは18インチ、Mスポーツは19インチホイールを装着。Mスポーツはステップトロニック付8速スポーツAT、アクティブMサスペンション、Mスポーツブレーキ、Mスポーツデフが装着され、4気筒エンジンモデルのなかで最もスポーティーです。

 

新型BMW・Z4の6気筒エンジン搭載モデル

BMW・Z4 M40

新型Z4のなかで、一番の注目はスープラRZと同じ6気筒エンジンが搭載される「M40」です。

4気筒エンジンより143馬力も多い340馬力を発揮し、MパフォーマンスモデルになるためsDrive20Mスポーツと同等の装備がなされています。

 

「OK, BMW」でクルマと対話!?AI搭載で音声操作可能に


Z4の室内にはインフォテイメント&デジタルコクピットの「オペレーティングシステム7.0」(以下:OS7)が搭載されました。

ダッシュボード中央上部に10.25インチのコントロールディスプレイと、メーターパネルはデジタル液晶モニターになっており、ナビゲーションの道案内をメーターパネルにも表示させます。

「リモート・ソフト・ウエア・アップグレード」によりOS7は常に最新版へ更新することが可能。

 

さらに、「BMWインテリジェント・パーソナル・アシスタント」にはAI技術が組み込まれ、音声会話だけでナビやエアコン、ミュージックなどを操作できるます。「OK!BMW(オーケー・ビー・エム・ダブリュー)」といえば音声操作システムが稼働し、リクエストをいえばAIが応じて、さまざまな操作が自動で行われるということです。

これはBMW独自の技術で姉妹車のスープラにはない機能です。

 

ゆったりクルージングからワイディング、サーキットまで遊べるオープンカー


新型Z4は先代モデルと比較して、全長を85mm、全幅75mm、全高15mm延長され、ホイールベースは25mm短くなっています。

前後重量配分を50:50にしたこととワイドボディ化により走行時の安定性が向上し、sDrive20iやsDrive20iスポーツではサスペンションが柔らかく乗り心地重視の仕様。

sDrive20i・MスポーツやM40iはスポーツサスペンション搭載しているので、ワイディングやサーキットでコーナリング中でもビシッと安定し、ハンドルのレスポンスも良好。

街乗りメインの方やスポーツ走行を求める方まで、さまざまなニーズに応えることができます。

ソフトトップの全自動で開閉でき、かかる時間は10秒で、時速50キロ以下の走行であればオープン/クローズを走行中でも可能です。

ソフトトップのオープン/クローズにかかわらず、前後重量配分50:50は変わらないため、どちらにおいてもスポーティーな走行を約束してくれます。

 

スペック

 

Z4 sDrive20i Z4 M40i
型式 3BA-HF20 3BA-HF30
全長×全幅×全高(mm) 4,335×1,865×1,305 4,335×1,865×1,305
ホイールベース(mm) 2,470 2,470
車両重量(kg) 1,490 1,570
エンジン型式 B48B20B B58B30C
エンジン種類 直列4気筒DOHCターボ 直列6気筒ターボ
排気量(cc) 1,998 2,997
最高出力(kW[PS]/rpm) 145[197]/4,500 250[340]/5,000
最大トルク(N・m[kgf・m]/rpm) 320[32.6]/1,450~4,200 500[51.0]/1,600~4,500
トランスミッション 8速AT 8速AT
駆動方式 FR FR
タイヤサイズ 225/50ZR17 255/35ZR19
255/45R17 275/35ZR19
燃費(km/ℓ) JC08モード 14.9 13.2
WLTCモード 12.6 12.2
価格(円) 5,660,000 8,350,000

 

新型BMW Z4はスープラにないドライバビリティを楽しませてくれる

Z4はスープラのロードスターモデルではなく、多くが共通部品で構成されているとしても、異なるドライビングフィールを楽しませてくれます。

乗り出せば、優れたスポーツ性と開放的なオープンボディが、これまでのZ4にはなかった楽しさを味合わせてくれるはずです。