マツダは「ロードスター」&”CX”シリーズのカスタム車を多数展示!東京オートサロンが待ち遠しい!

東京モーターショーでは、世界初公開した2台のコンセプトカーの秀逸な出来が、多くの来場者から高く評価されたマツダ。その2台とは……

 

1台は次世代”商品”コンセプトを体現した「魁 Concept」。

マツダの次世代の技術とデザインを融合した世界初公開のコンパクトハッチバックコンセプトです。パワートレインには次世代ガソリンエンジン「SKYACTIV-X」を搭載していました。

 

また、もう1台の「Vision Coupe」は次世代”デザイン”を現すコンセプトカー。

マツダが目指す「エレガントで上質なスタイル」を描いたデザインビジョンモデルでした。

 

【東京モーターショー2017】4輪編:マツダが世界初公開した2台のコンセプトカーが魅力的過ぎる!

両車については、過去記事でバッチリご紹介していますので、ソチラをご参照くださいね。

さて、今回は東京オートサロンのマツダ展示車がお題です。

 

ロードスターと”CX”シリーズを出展

東京オートサロンの出展テーマは「Be a driver. Experience ~マツダの新しいチャレンジが始まる~」。「走る歓び」にあふれるカーライフの提供を目指すそうです。

出展車両は「ロードスター」と”CX”シリーズで構成されます。

 

例えば、「ロードスター特別仕様車RED TOP」。「ロードスター」の軽快な走りを追求した流麗なスタイルに、シックなダークチェリーのソフトトップを採用した特別仕様車「RED TOP」。

今回はさらに、ローダウンにカスタムすることで「ロードスター」の持つダイレクト感をより強調しています。

 

続いては、「ロードスターRF CUSTOM STYLE 2018」。

ライトウェイトスポーツカーの新しい世界へ……「人馬一体」の走りを、洗練されたドライビングフィールとともにお届けする「ロードスターRF」。

 

今回は、そんな「ロードスター RF」に、躍動感のあるエアロパーツやローダウンサスを搭載。

 

さらに上質なインテリア空間を演出する滑らかな手触りのアルカンターラ®を特別に装備。本物志向のドライバーの心をさらに魅了する、美しき一台を目指しました。

 

CX-8 Custom Style

凛とした上質な表情の「CX-8」に、ローダウンサスや大径アルミホイールを装備し、その根底に宿るスポーティさを際立たせた「CX-8 Custom Style 2018」。

 

インテリアでは、ステアリングなどを、シートとの統一感を演出する落ち着きのあるブラウンレザーにカスタム。より心地良く、より力強く。さらなる最上の領域へ加速する特別なSUVに仕上げられています。

 

CX-5 Custom Style 2018

 

CX-3 Custom Style 2018

そして今回は”CX”シリーズを猛プッシュするマツダ。ご覧の「CX-5 Custom Style 2018」&「CX-3 Custom Style 2018」も展示されます。

 

初代ロードスターのレストア車も!

そして更に!初代「ロードスター」(NA型)レストア作業中車両のホワイトボディも展示されるそうです。コレは……

 

マツダの大英断!初代「ロードスター」のレストアサービス開始を公式リリース!

つい先日、WEB受付開始が開始された初代ロードスターのレストアサービスの認知拡大を目指してのことでしょう。

 

「ロードスター」好きは行って損なし!

いかがでしたでしょうか?東京オートサロンのマツダ・ブースは、ロードスター好き&”CX”シリーズに興味のある人にとっては興味深い展示でしょう。

出展車両の詳細は同社ウェブサイトにて確認できますので、是非ご覧くださいね!

 

参考-マツダ
Reggy

Reggy

オートバイ系雑誌・書籍編集をする傍ら、自転車輸入販売業として起業。得意ジャンルは自転車(子ども車・子ども乗せ・クロスバイク)・オートバイ・自動車・アウトドア。