スニーカーで有名なプーマがバイクのコンセプトモデルを発表していた!?

「PUMA(プーマ)」といえば、スニーカーなどのスポーツメーカーとして有名ですよね。

しかし実は同社が2009年に二輪業界へ進出すべく、バイクのコンセプトモデルがあったのをご存知でしょうか。今回は、そんな世にも珍しいプーマのコンセプトバイクについてご紹介いたします。

プーマのコンセプトバイクとは?

スニーカーで有名なプーマがコンセプトバイクを発表していた!?

実際のところCADでしか設計されず、プロトタイプ製作までは至っていないので、詳細が不明なままでしたが、それもそのはず。

実はこれはイギリスにあるコヴェントリー大学の学生だったKarl Sanders(カール・サンダース)氏が、大学生として最後の年にCADで設計したモデルなのです。

にしても良くできたコンセプトモデルですね。

スニーカーで有名なプーマがコンセプトバイクを発表していた!?

剛性の高そうなメインフレームのラインや、テール部分のフォルムは、プーマのモーターサイクル・ウェアにインスパイアされています。フロントの倒立フォークや、大口径ディスクなど、実現してもおかしくないレベルですね。

動画もございましたので、ぜひご覧ください。

こんなバイクが実際にあったような…

スニーカーで有名なプーマがバイクのコンセプトモデルを発表していた!?

思い出しました! 以前『ピーナッツ?むし?なんだ…このカタツムリ電動バイクは!?』でご紹介いたしました、オーストリアにあるJOHAMMER社が製作した電動バイク「Johammer J1」に似ているのです。

ということは、2009年にプーマのコンセプトモデルをCADで描いていたカール・サンダース氏は、かなり時代の先を行っていたことになりますね。

いかがだったでしょうか。

もしかしたら、プーマがモーターサイクル・ウェアを発売していることすら知らなかった方も多いのではないでしょうか。

Puma プーマ 500 ライディング ブーツ 黒/EU42 (US9/27cm) [並行輸入品]

スポーツで培ったテクノロジーを落とし込んだライディング・ブーツなどには定評がありますので、気になった方はチェックしてみてください。

【関連記事】

エンジン不在!? 収納スペースだらけのコンセプトバイク!

直線番長!”マンロー・スペシャル”のようなBMWのコンセプトバイク!?

ランボルギーニは「ウルス」よりも前にSUVを販売していた!?

ヤマハ楽器デザイナーがデザインした衝撃のバイクが日本初公開!

ヤマハ「スコーピオ」が斬新なカタチに!インドネシアのカスタムショップ「Thrive Motorcycle」

参考 – Youtube : Puma Motorcycle Concept

K.Y

K.Y

スーパーカーやバイクなどの乗り物と音楽と洋服が好きなガテン系中年ライター。どんなものでも中身はハイテク外見はローテクが理想のカタチである。